トップへ   
 

芦生にて森を思う

 
野崎茂太郎
                          

 芦生「花ハイク」は、 6 月 25 日にトロッコ道で個々の草木を観察し、 26 日は佐々里峠から千年杉まで歩いて、森の霊気に触れてきました。常々、草木の観察も大切だが、それが人間とどうかかわってきたか、森がどういう要素で成り立っているかを学ぶほうがもっと大切だと申してきました。今回はからずも、この二つを眺めることが出来て、コースを選んでくれた三田村さんに感謝しています。

 芦生というと反射的に浮かぶのが原生林のイメージです。原生というと人が踏み入れたことのない森のようですが、森の恩恵を受けて暮らしてきた私たちの祖先は、親密に森とつき合っていて、森のほとんどは彼らの生活の場でした。芦生でも昔は森の深くに人が住んでいたのです。近くに廃村八丁があるように、森での生活が貨幣経済のなかで維持しきれず、森が捨てられて、結果的に原生林のようになったのが多いのです。

 今回、人口林と自然林が尾根で分かれているのを見ました。ブナやミズナラが混じっている自然林を歩くと、不思議な安らぎと懐かしさを覚えます。これは私たちにも森で暮らしてきた先祖の遺伝子が伝わっているのと、森から季節を感じられるからです。照葉樹や針葉樹に落葉広葉樹が混じっているのが自然林です。森の定義は難しいのですが、杉や檜を植えた人工林にたいし、なかを四季が流れる森を自然林と呼びます。そして今、花粉を撒き散らして山を崩壊させている人工林に、クヌギ・ナラ・ケヤキ・カエデ・カツラなどを植えて、自然林に作り変えようという運動が行われています。杉林をこのまま放置しておくと山が死んでしまうので、秋に葉が落ちて、その堆積から春の草が生えてくる林、即ち、季節に従って摂理が回る自然林にしようというのですが、森の改造には長い年月を要し、費用もかかるので遅々として進んでいません。

 皆さんは土砂崩れで無残に倒れているのは、杉などの人工林であることを知っています。過密に植えて手入れをしないからです。森は水を貯めて洪水を防ぎ生態系を保つものです。今の人工林は逆に洪水を起こす元凶になっているのです。

 自然林だから手入れが不要というのではありません。人工林に比べて少なくて済むというだけです。森にはすべて手入れが必要なのです。このことは芦生でも、保安林や研究林と手を入れない林を比べればすぐに分かります。森は人の生活と共生するのが良いのですが、森と経済はなかなか一致しません。人工林も共生を目的にしたのですが、経済状勢が変わってこんな状態になってしまったのです。

 私たちは山がいつも美しくあれと願っています。しかし、現地で森と生活を共にしている人たちには大変な苦労があるのです。芦生へ行って美しい森を見て、その霊気に触れる度に、このことを思うのです。