トップへ  植物観察INDEXへ

" 緑のそよ風いい日だね "

―― 自然保護部・植物観察会 ――

南埜智代
 日 時  5月8日(土)

行 先  六甲記念碑台〜高山植物園〜記念碑台

参加者 講師・野崎

CL  池田 多 ・池田 茂 ・池田 孝 ・市尾・太田 由 ・沢村 泰 ・塚本・中村 和 ・森岡・山本・

善積 雅・ 吉原・南埜  その他1名(沢村)         以上15名

 久し振りに自然保護部の植物観察山行に参加させていただいた。いつもは歩くことが主で植物はよほど珍しいものや美しいものにしか目をとめないことが多い。けれどぶらぶら散策の気分でふだん何気なく見過ごしている植物を気にとめながら歩くこんな山行もほんとうにいいなあ。心地よい風を存分頬にうけて緑のにおいをしみじみ感じながら・・・・。

 今回私の心に特に残ったのは、キランソウ(地獄の釜の蓋)とセンボンヤリ。2つとも名前がユニークで、どうしてこんな名前がついたのかと思った。キランソウはシソ科で紫色の花が咲きロゼット状に広がる平凡な植物。でも名前は一度聞いたら忘れられない。森岡さんご持参の図鑑によると , これは薬草で、切り傷から胃腸病まで治すという薬効があり、みんなの病気を治してしまうと死んで地獄に行く人が無くなり地獄の釜も開店休業、蓋を閉めざるを得ないということから名が付いたらしい。

 センボンヤリは白くて薄くピンクのかかったかわいい花だ。名前と花のイメージが結びつかない。講師の野崎さんのご説明では秋にもう一度花(閉鎖花)が咲きそれが種を着けるらしい。帰宅後図鑑で調べるとその閉鎖花が大名行列の先頭を行く千本槍の形をしている。

なるほどとうまい命名に感心させられる。

 高山植物園に行く。ここではクリンソウが花盛り。エンコウソウも太陽を受けて光っている。ブルーポピー、コマクサ、バイカイカリソウも咲く。売店ではホタルカズラ、タイツリソウ、ユキモチソウなどはじめて出合ったものもあった。 

 (植物園の人にお叱りを受けるかもしれないが)植物園に植えられたものは過栄養により大きくなり過ぎたり、逆に地味が自然の状態に比べると合いにくいのか貧素になってしまったりするのがある。名前を知ったり珍しいものに出合えたりできるのはうれしいことなのだが。植物園の植物は自分自身のためより私たち人間の目を楽しめるため、野生の植物は自分自身が生きていくためにこそ生きている。野生の強さ、美しさを感じさせられ、生きていくためにさまざまな知恵を働かせていることに感心させられた。