トップページへ 植物観察INDEXへ
第3植物観察会 (多田銀山) 
野崎 茂太郎

多田銀山は歴史愛好グループが良く訪れるところで、私もかってその目的で歩いたことがあるのですが、今回はこのコースの植物を見て、その種類の多いのに驚きました。普通、植物観察会では50から60種、せいぜい100種くらいの草木を見るのですが、ここでは190種もの説明をしました。
これはコースが田圃と林に跨っているのと、田植えの前で、田圃に草がまだあったことによるのですが、参加された方は、沢山の草を識別するのに大変だったと思います。しかし、こういう豊かな里山があってこそ、そこを草を見ながら歩けるのは非常に幸せなことなのです。
この観察会は野草が主体ですが、たまたま、コバノガマズミ、コバノトネリコ、ザイフリボク、ウワズミザクラなど、普段、見られない木が、白い花を青空にかかげて、新緑とコントラストをなしていたのが爽やかでした。


                                             実施日  2001年4月22日