トップへ 植物観察会へ

植物観察  「四月八日のこと」

2003・5・25
 
野崎茂太郎
 五月二十五日は曇って涼しく、歩くのによい日で、新緑の香気を浴びながら箕面の奥へ植物を見に行きました。こういう日を「卯の花曇り」といい、雨が降れば「卯の花腐(くた)し」で、この頃の天候の形容には卯の花がついています。
昼食の時にお話しましたが、旧暦の四月は万物が成長に向かって動き出す時で、古代の人がもっとも深く花とつき合っていた時でした。いろいろな花が咲きますが卯の花が代表で、この花が咲く月なので卯月と呼びました。その八日というのは、山の神が山へ帰って、田の神が田へ降りてくる交代の日で、里の
                                
人は花を飾って、帰っていく神を送り来る神を迎えました。八日花(ようかばな)とか天頭花(てんどうばな) とかいうのがそれで、長い竿の先に卯の花や山躑躅や石楠花などをさして、青葉の庭先へ掲げておきました。能勢の長谷部落にはその風習が残っていて、私も見たことがありますが、最近はすたれているようです。
 仏教が盛んになると、この四月八日は釈迦の誕生を祝う花祭りになって、田の神は仏に、卯の花は花祭りの花に置き換わっていきました。花祭りはいまは新暦の四月八日に寺院で行なわれていますが、これに詣でる時は、はるか昔にもう一つの花祭りがあって、私たちの祖先が自然と仲良くつき合っていたことを思い出して欲しいのです。

 卯の花を古代の人が崇めた理由は、これが日本古来の花で気温を正しく知らせたからです。稲作を携えて渡ってきた弥生人は、これが咲くのを見て、田植の日を決めていたのしょう。古代の信仰は稲作と関係するものが多いのですが、
                                
卯の花は田の神を招く花で、この名残りはいまでも水口花や、卯槌(うづち)・卯杖(うづえ)などの信仰に残っています。この頃の野山を卯月野( うづきの)といいます。私はこの卯月野が好きで、毎年、箕面や能勢へ卯の花を見に出かけます。このように、木には生活や信仰とかかわっていたものがあります。植物を覚えるのも大切ですが、祖先が木に寄せていた信仰を知ることも大切です。いま叫ばれているアニミズムというのは、こういう古代の心を知ることです。

 今回は卯の花よりジャケツイバラをよく見ました。下からも横からも真上からも、手に取ってまで花を見ることができました。参加した人はもう一生この花を忘れないでしょう。これも万葉集に「かわらふじ」として出てくる古い花ですが、卯の花のような信仰をもった木ではありません。黄色の奇麗な花で、木が殖えたのか最近よく見かけます。だが、鋭い刺があるのでご用心。