トップページへ 植物観察INDEXへ

第5回植物鑑賞会 多 田 銀 山 跡

講師:野崎茂太郎 CL山本幸子 SL池田 茂         報告:蓄積 寛明
 実施日:4月27日(土) 晴れ
 参加者:池田茂・森岡・青山・大谷・橋本(み)・善積
    一般:井上郁雄夫妻・新谷
 コース:8:36川西能勢口一9:00日生中央レミス)一北田原→10:40/55浄土宗東光朝木喰上人像
 あり)一12:30/13:30ふれあい公園(昼食)→15:35/45銀山跡瓢箪間歩→17:30パークタウン紫合バ
 ス停→18:05川西能勢口

 予定していた4/21が雨のため27日に延期。天候に恵まれました。楓 9時日生中央バスターミナルに到着らここで中庄谷 直氏に出会う。挨拶もそこそこでバスが到着9:10発杉生行きに乗車およそ10分で北田原着。自動車道を北へ進みながら野原の草花を観察。
 オオイヌフグリ・タチイヌフグリ・ヒメオドリコソウ・カンサイタンポポ・ウマノアシガタ・ カラスノエンドウ・スズメノエンドウ・カスマグサ・ヤプジラミ・ノゲシ・ヤエムグラ・ト ウダイグサ・ツルニチニチソウ・ホトケノザ・スズメノテッポウ・コオニタビラコ・オニタ  ビラコ・ヤプタビラコ 等々
 などが生えており、野崎講師も時間の過ぎるのも忘れ草の説明に没頭されている。この季節、 この里山では200種もの野草が見られる由。東光寺で一休み。ここからもと来た道を少し戻り マス釣り場を通り抜け里道に入る。とある民家の庭に栽培している山野草を見せていただいた。
 珍しい山らっきょう、100年近くも咲き続けているという黄レンゲがまさに満開であった。後ろの山に咲く紫の大きな藤の花を背景にして見事な絵画をなしている。八重桜が満開であちこちで咲いている。桜は園芸種が400種以上もあるという。そんなことを分類する作業を考えると気が遠くなる。植物の研究には歴史や分類学・発生学・生理学・栽培・改良などいずれも長い年月を要すると思う。
400年前ここに銀山が発見され町は大変栄えた。その頃から多くの人が住みつき生活の基盤をこの里山において生きてきた。人々は里山を利用し、薪を拾い、間伐材を利用し、木々を育て森を育ててきた。毎年咲く山野草もこの里の人々と共にあって、毎年同じことを繰り返してきた。経済活動が活発になるにつれ道路網も整備された。今、この里山のすぐ近くを車がひっきりなしに通る。いたし方のないことではあるが、どうかいつまでもこのおおらかな風景を残していただきたい。

マツバウンラン・ベニシダ・ハルジオン・ヒメジオン・ノアザミ・ハナイカダ・ハクサンハタザオ・マルバギシギシ・ホソバギシギシ・ニガナ・ムラサキサギゴケ・カタバミ・ツメクサ(シロ、アカ、コメツブの3種)ハハコグサ・タネツケバナ・ガマズミ・スズメノカタビラ・ショウジョウバカマ・ヤブソテツ5種・ホウチャクソウ・マムシグサ・ジャノヒゲ・チゴユリ・カワジシヤ
スズメノカタビラは雀に単衣の着物を着せた姿に似ているところから名づけられた由。この草の中に丁度雀が一匹かくれる余地がある。どんな雑草にも名前が付けられており、それぞれに名前の由来もあるよう鴎 もうすぐ田植えが始まることでしょう。今日一日、日本の原風景にふれ、のんびりとして、心があらわれるおもいでした。