トップへ 植物観察INDEXへ

植物観察会(6)    「夏は来ぬ」                                       
                                        野崎茂太郎

2002年5月26日

                            
以前「花めぐり」でも書きましたが、旧暦の4月8日というのは日本の民俗史のなかですこぶる重要な日でした。田の神が里へ来て、この日から新しい暦が始まると考えていました。卯の花(ウツギ)はそのタイミングに咲いた花で、そのため4月を卯月と云うのですが、稲作を中心にしていた弥生人は、卯の花と桜には、稲の豊凶を告げる神が宿っていると信じていました。それはこの二っが純粋な日本の木で、人々はこれが咲くのを見て、その年の気温を知り、農作業の段取りをしたからです。
第6回植物観察会は箕面の少し奥へはいって、時季の花であるこの卯の花や、 野茨(ノイバラ)・定家葛(テイカカズラ)・エゴノキ・イボタ・スイカズラ など、白い花がこぼれるように咲く風景を見てきました。

「夏は来ぬ」は佐々木信綱先生が作った明治の唱歌ですが、そのなかに植物は卯の花・橘・棟(おうち・センダン)、動物は時鳥・蛍・水鶏(クイナ)が出てきます。今回は幸い、歌詞にある「棟散る」と「卯の花の匂う」情景をみて、この唱歌がまさに今を歌ったものであることを実感しました。野にも山にも新しい精気がみなぎっている時季です。卯の花を縫って歩く私たちを、弥生の神様がじっと見守っているようなさわやかな日でした。
観察会は科学的なものですから、草の名前を覚えることから始まるのですが、こういう生活の歴史や民俗がしみこんでいる木や草には、その由来を知ることも大切です。そこでこの観察会では、名前の由来や、草木と民俗や文学との関係をできるだけ説明するようにしています。
いま私たちは花ブームのなかにいて、花は人のために咲くと思うことがありますが、それは思いあがりです。種族を残すために一生懸命咲いている野の花を観察して、生きている花の美しさを知って欲しいのです。

            ジャケツイバラ(蛇結茨)
今年は季節が早くて、目玉にしたジャケツイバラはもう無いのではないかと心配しましたが、盛りの木があって美しい花をしっかり見ることができました。
葉の上に咲いている姿は奇麗ですが、木は蔓状で枝は横にのびて、蛇がトグロをまいたようで鋭い刺が生えています。関西に「山でこわいは猿取りいばら里でこわいは守(子守り娘)の口」という僅謡がありますが、細見末雄先生は、猿が取られるほどの茨は、端午や十五夜に餅を包む現在のサルトリイバラではなく、猟犬がよくつかまるこのジャケツイバラ(ガンジキイバラ)だったと云っています。川原にも咲くのでカワラフジとも呼びますが、黄色い花はこの時期は少ないので、森のなかで黄色を見たらこれだと思ってよいでしょう。