トップへ            植物観察へ


花めぐり
     野崎茂太郎

 マンサク (満作・金縷梅)





 マンサクは「先ず咲く」で、山の春に先駆けて咲くという意味だが、庭木にはもっと早い花があって、年が明けるとロウバイ(蝋梅)が先ず咲き出し、その次にマンサクが黄色い紐の花を吊るして、春が近づくのを知らせる。
 ただ、この頃の木にはまだ枯葉がついていて、花を見るのに邪魔で、早く落ちてくれと願うのだが、サンシュウ(山茱萸)やトサミズキ(土佐水木)が、すっきりと裸の枝に花をつけるのに、ロウバイやマンサクには枯葉が残っているのは、咲き出す時期が早いからかもしれない。
 庭ではそうだが、山でこの木を見つけるのは容易なことではない。枯れ木のうちは分からないから、咲いてから探すのだが、花が幽かで見過ごしてしまうことがある。だいたい、これは見つけてその感動を喜ぶような花だから、それほど印象に残る花ではない。しかし、私は一度、この花から生きる喜びのような感動を受けたことがある。
 それは1997年の浅春だったが、六甲の蛇谷北山をドビ割へ下りて、黒岩谷へ向かう時、前面に輝くものがあるので、いぶかしく思って近づくと、20本ほどの木に、こぼれるようなマンサクが咲いているのだった。それは、枝という枝から鈴なりの黄を下げた花の盛りで、その黄色があたりを染めて霞のように漂っているのだった。私はこういうマンサクの一斉開花を見たことがないので、その夢のような光景を脳裏にとどめるのに、しばらくそこに立ちつくしていたことだった。
 マンサクの花に心を動かしたのにはわけがある。阪神大震災の冬、崩れた六甲に入って、その無残に荒廃した姿をかなしんだのだが、たった一つ明るかったのは、有馬へ下る道で見つけた小さなマンサクの花で、私には、それが六甲が生き返る証(あかし)のように思えたのだった。震災以来、六甲は草木まで畏縮して、花にも生気がなかったのだが、このマンサクの花盛りは、山に力が蘇ったのを知る嬉しさだったからである。
 だが、花が見事だったのはその年だけで、それから時期になると決まってそこを訪れるのだが、何の変哲もない枯れ木の林で、探しても2・3本の木に僅かな花がついているだけの状態に戻ってしまった。気は普段は無言でいるが、時に狂ったように花を咲かせることがある。それがいつかは分からないのだが、また、あの幻のような花を見せてくれる日がくるだろうと信じて待っている。
         岳友2002年2月号より