トップへ          植物観察へ


花めぐり   野崎茂太郎

スイセン (水仙)


 古今要覧稿というのは江戸末期の事典のような本だが「厳寒に花を開き 香りも梅にをとらず 盛りも久しきものにしてめずべきものなれど、歌にも詠ぜられず 本草和名、倭名類聚抄などにも載られざるはこの花の不幸なり」と、水仙が万葉集や古い文献に出ていないのを嘆いている。こう嘆いたのは尤もなことで、このはなが日本へ渡ってきたのは室町時代でさほど古くはない。
 来るのは遅かったが、水仙は神仙の申し子のような名前と、伝説を引っ提げて、忽ちのうちに人に愛される花になってしまった。これは水仙が彩りの少ない冬に咲いて、俗に雪中花といわれて、正月に飾るのに都合がよかったからだが、この花には寒さの中で咲く健気な花というイメージがついて、清貧に慎ましい黄を灯す花として世に迎えられた。これは「わび」や「さび」を重んじる禅や茶の湯の理念とよく合うもので、その世界では「金殿玉楼の上段に咲き匂うこと、余波の及ばざるものなり」という高い評価をうけていた。これほど日本人の感性とあう花がどうしてもっと早く伝わらなかったのか。古今要覧稿の著者ならずとも不思議になってくる。
 雪中四友(梅・蝋梅・山茶花・水仙)というのは、松・竹・梅が歳寒三友と呼ばれたのに応じて作られた雅称で、本来は文学的な言葉だが、花の組み合わせを重んずる華道でよく使われる。水仙はこのほかにも三清(梅・竹・水仙)や三君(梅・沈丁花・水仙)、四花(梅・菊・蝋梅・水仙)にも名前を連ね、七香という匂いのよいグループにも顔を出している。
 江戸時代、水仙でもっとも気高いとされたのは金盞銀臺(きんさんぎんだい)と呼ばれる花であった。金色の盃が銀の臺に載るという形容で、これはキズイセンでもラッポズイセンでもなく、昔からあった白と黄の単弁の水仙である。これを咲かせるためにいろいろな工夫がされて、その記録が残っている。
 水仙の花の見事さと貧弱さは微妙なところで分かれて、見事なものは不思議なほど心に迫ってくる。いまはヴァイオで花はみな綺麗になったが、昔の野水仙には貧弱なものがあった。それだから金盞銀臺が評価されたのだろう。
 水仙は彼岸花属の草だから群生をなす性質がある。越前海岸のようなところで咲くのは、沖を暖流が流れているからだというが、雪の舞う寒気のなかで、これが一面に咲いているのを眺めると感激が湧いてくる。そして、雪中花や金盞銀臺を尊いとした昔の人の心が分かるような気がしてくる。
                     岳友2002年 3月号より