トップへ                 植物観察へ


花めぐり    野崎茂太郎

ウツギ (空木・卯の花)

 卯月八日というのは卯の花が咲いた旧暦の四月八日で、今では5月だが、宗教でも科学でも心が癒されない現今、かって昔の人が、自然と深くかかわっていたこの日の意味には学ぶべきところがある。ある歳時記はこの日を「釈迦誕生の日だが、日本古来の信仰の上でも大切な日で、山の神の祭りとして、天頭花(てんどうばな)、八日花といって、高い竿を立て、その先に、卯の花、躑躅、石楠花などを結びつけ、還ってゆく山の神を送った」と記している。
 古代の信仰では、山の神が還る日は、田の神が代わりにやって来る日で、学者によっては、大昔は、この日が一年の始まりだったという人さえいる。学校や官庁が4月から始まることや、西洋でも、復活祭を年度の初めにしていることなどから、生き生きとした生命が万物に宿るこの時期を、最初の季節としたことには頷けるものがある。
 卯の花はこの区切りに咲いたしるしの花だから、この月の名前になっているほか、天頭花・田の水口花・初夏の祭礼の花・卯槌・卯杖など、多くの神事や風習の中に、この意味をもった花として残っている。
 卯月八日の意味は、仏教が広まるにつれて、潅仏会に隠されて、田の神は仏に、卯の花は花祭りの花に置き換えられていったが、この日、寺院で行われる花祭りを訪れるときは、はるか昔、優しく自然を愛し、卯の花に稲の豊作を願った、先人たちの祈りが合ったことを思い出して欲しい。
 卯の花は「野にも山にも、農夫の垣根にまで咲く」と書かれて、どこにでもあった木だが、もう山へ行かぬと見られなくなった。能勢の長谷部落で、初夏の空に掲げていた天頭花の習慣も廃れてきた。
 卯の花はユキノシタ科のウツギである。ウツギというと、この時季タニウツギ・ハコネウツギなどが美しく咲くが、田の神が好んだのは、いまでは一番貧相に見える白い卯の花であった。旧暦四月の花だから、五月号に載せるべきなのだが、六月初旬の清掃ハイクで能勢の初谷川を歩くと、これが咲いていて、はじめて見るという人もいるので、敢えてこの号に載せることにした。
 「卯の花の匂う垣根に」という詩句が有名で、卯の花が匂うと思っている人が、この「匂う」は万葉集によく出てくる色彩の「匂う」で、卯の花が綺麗に咲き匂ったということで、この科の植物には鼻で感ずる匂いはない。
                (岳友 2001、六月号より)