トップへ  おもしろひろばへ
 

三田市にある百丈岩 (道場) まで桜下のサイクリング
                  近畿ブロック搬出講習会に参加

中村 修三

2004年4月4日 ( 日 )  雨

大阪府連主催の岩場に於ける救助訓練に参加しました。あいにくの雨でしたが200名を越える参加者がありました。労山では私とほか数名参加ありました。

私は当日、自転車で参加をしようと計画を立てました。まず自宅を朝の2時起床、出発は3時にしました。

天気予報では雨が夜半からの当日の午前中までかなりの雨を予想、しかし雨に負けずに決行です。
宝塚まで小雨で助かりました、三田市の峠越えから本降りで、足元から頭のてっぺんまでビニール袋を使っての雨具利用で装備を調えて走行開始です。お陰で道場に着いたときはさほど衣服はぬれずにすみました。
道場は新築住宅が建って、狭い中での訓練場所になり、まして雨なので、ビニールシートで急場屋根を造営して、その下で「リアルある怪我人」をモデルに選んですばらしい救助訓練でした。足から血が出た状態は、現場では正常心を保つだけでも大変であることを学びました。また救助のリアルある現実話を聞いたり、救助リーダーの選び方などを学ばせてもらいました。まず普段、山に行く時には計画時点からコースリーダ、チーフリーダを決定しますが、救助隊の場合はその場で状況に一番詳しいと同時に変化した場面に対応できる人、すぐにリーダーが誰であるかを察知して、変わっていくとのことでした。すばらしい発想のリーダー選定だと感じました。その場に最適のリーダーを皆が認め、交代し、譲っていく「自然体」を学びとても今後の指針としたいと思いました。搬出訓練終了は2時でした。中級登山学校のメンバー達は雨中で訓練してました。さすがでしたね。雨が上がらないまま、搬出訓練を終えました。私は帰りに余り雨がきつければ、道場駅から「輪行」 ( 自転車を JR や私鉄に載せて移動すること ) をして帰ろうと思っていたのですが、少し小ぶりになってきたので、帰りの大阪迄45kmを挑戦しました。サイクリングで GO 。有馬川の堤防の咲く桜がすごくきれいで、雨中での登り坂を喘ぐつらさを忘れさせてくれました。大阪着は夕方7時でした。

私は“安全登山をする為に”できるだけ「搬出訓練」に参加をしていきたいと考えています。次回の開催予定を楽しみにしています。

次回サイクリングは大和川のロマンを満喫する予定です。