トップへ おもしろひろばへ
 

ママチャリ旅行大阪の渡船場めぐり 8 ヶ所

報告:善積寛明

4 月 18 日(日) 

参加者:畑 ひで子、森野ますみ、善積寛明、一般2人

 庄内の南、阪急バス本社前に 5 人が集合。 8 時出発。 R176 を南へ。天気良好。5台の銀輪が縦一文字に並び、神崎川にかかる三国大橋、淀川の 十三 ( じゅうそう ) 大橋を渡って大阪市内に入り福島駅の西のあみだ池筋を南下し、堂島川を渡って中ノ島に入る。堂島川のプロムナードを南へ飛ばす。 そして土佐堀橋を左岸に渡って南下した。土佐堀川と堂島川が合流するところがある。ここでまた二つの川に分岐する。流れの方に向って左へ木津川、そして右側に安治川とそれぞれ名前を変える。木津川の右岸に沿った道を行くとやがて大阪ドームの丸い大屋根が見えてきた。ここで休憩。豊中市庄内からここまで約 40 分。電車を乗換えてくると 1 時間以上かかると思う。

大阪ドーム のあたりで尻無川と木津川に分岐する。木津川に沿うようにして海の方へ南下していくとやがて落合上渡船場の入り口にやってきた。 9 時 15 分の船出まで大分間がある。パンを食べたり水を飲んだりして腹ごしらえをした。

大阪には八百八橋ある と言われてます。それだけに川が多い。これらの川が多くの人に交通手段として利用されていたのである。最盛期は渡船場31、船舶は69隻あったそうである。大正年間には渡船は大阪市の直営で無料となり利用者は昭和 10 年前後が最も多く、徒歩 5700 万人、自転車 1400 万台を数えていたそうである。現在は 8 箇所に渡船が残っているだけで年間 200 万人の利用となっているそうである。橋がないので、渡船をしないと生活が成り立たない面もある。会社に通勤する手段もないのである。これら 8 箇所の渡船は全て動力で動く 40 〜 80 人乗りの船である。どの渡船も僅か 30 秒から60秒で渡れる。朝夕は 1 時間に 6 本の渡船がある。

落合上渡船場  大正区役所の近くの木津川にある落合上渡船場に着いたのが 9 時であった。 9 時 15 分発に乗船して対岸に渡り、下の落合下渡船場に行きまた対岸へ渡った。続いて千本松渡船場、木津川渡船場と渡りかえした。ここはもう大阪港と接している。木津川渡船場を右岸に渡って木津川運河の船町渡船場から対岸の鶴町に渡り千歳渡船場から大正内港を対岸の北恩加島町へ渡り、ここから北の方向に向きを変え、尻無川に沿って登っていった。そして甚兵衛渡船場から対岸の港区へ渡りました。落合渡船場から千歳渡船場までは工場地帯で殺風景なところでところどころ阪神高速湾岸線が走っているくらいである。甚兵衛渡船場から港区八幡屋の大阪中央体育館( 11 時 30 分着)に行って昼食にした。雲一つない快晴である。気温も高く夏のようである。体育館の広場は家族連れで賑わっている。このあたりは立派な住宅地が並び、広い道路で交通が発達しているのがよく分かる。町が明るい。

今日最後の目的地である天保山へ向った。 大阪港の繁栄を企図して作られた築港である。天保山は国土地理院に山として認定され「日本一低い山」として話題も多い山である。二等三角点があり、 4.53 m、北緯 34 度 39 分 29 秒、東経 135 度25分 58 秒とある。 以前は航路も多く、夜間も運転されたようである。いまは朝夕のラッシュ時は 6 〜 7 本/ H r、昼前後は 1 〜 2 本/ H rの間隔で運転されている。このあたりにはサントリーの海遊館や日本一高いと言われた大観覧車などもある。安治川を渡った対岸は此花区で JR 櫻島駅がある。このあたりは USJ( ユニバーサルスタジオジャパン ) が建設され、天保山とあわせて一大観光地になっている。 USJ の横の広い道路をとおって一路北へ向い西九条駅へ出た。

安治川トンネル  西九条駅の東200m位のところに安治川が流れている。町の中であり堤防も見えないので分かりにくい。丁度おまわりさんが通りかかったのでトンネルを聞いた。東 200m のところに安治川トンネルはあった。地下トンネルである。これをくぐって大阪ドームのある大正区の方へ渡った。ここは源兵衛渡の跡である。今は安治川の下に通路を掘ってそこを徒歩で通している。川の底までエレベーターが運転されている。川の底の通路を向こうに渡るとまたエレベーターで上がる。自転車も引いて渡ることが出来る。また西九条駅の方へ戻った。

 西九条駅の道路一つ隔てて「おいしいコーヒー 200円」が目に付いた。この喫茶店で大休止。暖かいコーヒーで気分も安らいだ。

JR 環状線に沿って野田・玉川・福島へと北上し、福島西の交差点から41号線に入り十三へ。ここから176号線で豊中庄内の阪急バス本社前 (15 時30分着 ) まで帰りました。

今日一日、大阪の古い町を飛び回った。大阪には川が多く、したがって昔は渡しも多かったようである。淀川には、今は豊里大橋という大きな橋が架かっているが、昔はここに「平田の渡し」があって大変な繁盛ぶりだったそうです。30石船が上下した淀川の宿場にはそれぞれ渡しがあったであろう。今はそのうち8ヶ所を残すのみとなった。これらの全部が無料である。うれしいことだ。