加越・濃飛トップへ


「冠山 能郷白山」

日程: 2016年6月11日(土)〜6月12日(日)
参加: 徳原、野村、佐野、松村、川島
■感想
【6月11日】
阪急蛍池ローソン7:00集合、出発。
北陸道鯖江IC〜R417を走りに飛ばし登山口の冠山峠着。
11:10、登りだすうちかわいいきれいなアザミが迎えてくれ
冠のクルンとした先っちょがブナの間から覗きうれしく登る。
岩場となりヤットコサでクリア,12:56頂上。
今日はこのうえもない快晴で遥かな山の姿に大満足。
岩場を下りたところで団体さんがあがってきた。
途中で合えば私達下りにくいところだった。
すこしおりて岩場を見上げれば列は進んでいない。
ウグイス、ホトギスのきれいな声、ニッコウキスゲ、
コバイケイソウと大満足で下山。
渓流温泉で汗を流し18:10麻那姫湖テント場着。
広くてきれいなテン場でペンネ料理、
具だくさんトリ入りスープと男性二人シェフ料理、
豆ご飯 サラダ、おいしいつけものとビールありワインあり
やまのうたありとで満腹で就寝。

【6月12日】
 カッコウに起こされ空をみあげる。真っ白でなにも見えない。
今日は能郷白山だから降らないでよと願いつつ出発。
車を飛ばして7:40登山口になる温見峠着。
7:57 登るにつれ石ごろ道にもなりロープも何か所かある。
やっと稜線に出ておおきな息もでき前方をみるがまだまだのよう。
10:05やっとこさで頂上。少し下りて行き祠の方へ。
吹き上げてくる風の冷たいこと。
ほんとなら見えるであろう山の方角をゆびさすが残念ながら視界ゼロ。
こんな処あったかなと足のおく場所をさぐりながら下り、
テッペンカケタカと問うウグイスににかけたかけたと返事しつつ
足げにマイズルソウ、ナナカマドの真っ赤な実も見ながら下り
12:18やっと下山。 汗をながしにあっ宝んど温泉へ車を飛ばす。
そのうちに雨がおちてきた。食事をして福井IC〜名神に入ったが
京都西位での事故で30分ほど渋滞にまきこまれた。
車を出し運転して下さった徳原さんには本当にありがとうございました。
                        記:B班 川島