トップへ  山行報告INDEXへ

2015年度A班夏山報告

妙高山・火打山


[月日] 81日~3

[参加者] 1班 岡田啓一、田中みゆき、細川美和子、合田弓美、野坂奈美、箕林恵美、有森尚香、
       讃岐美香、村瀬令子 

       2班 泉堯、藤原千恵子、泉富美子、吉田富美子、種田英治、池田純子、川戸せつ、
       藤木秀夫(
OB会員)

[行程] 1 935笹ヶ峰~1035黒沢10451310富士見平~1405高谷池ヒュッテ
     
14201525雷鳥平~1600火打山山頂 1620火打山~1720高谷池ヒュッテ
     
     2 545高谷池ヒュッテ~640黒沢池ヒュッテ655725大蔵乗越~815長助池分岐
     
835955妙高山北峰~1025妙高山南峰~1155長助池分岐
     
12301345大倉分岐~1415黄金清水~1535大倉沢~1620麻平~1710燕温泉


[報告] 

1
日目、
妙高・火打山を歩いて
 初級登山学校を修了したばかりで山小屋に泊まる経験もしたことがなかったのでこの山行を楽しみにしていました。準備の段階で軽い方のリュックに荷物を詰めているとはいえ(テントやシェラフがない分軽い)入れ忘れしていないか不安に思い何度も出したり入れたりを繰り返し、家を出発。バス電車を乗り継ぎ、集合の梅田バス乗り場へ。夜行バスに乗るのも久しぶりでハイテンションになっていて、このまま落ち着いて眠ることが出来るのか?嬉しくて嬉しくてソーっとカーテンの隙間から車窓を眺めているうちに眠ってしまい長野駅に到着しました。
 懐かしの長野駅で水と食料を調達し、しなの鉄道で妙高高原駅まで向かう電車が、手動なのもなんか嬉しい。駅からタクシーに乗り、だんだん山に登ってくると「窓を開けたらいいよ」と運転手さんの声に窓をあけて走っていると顔が凍りそうなほど冷たくなってきた。大阪の暑さが別世界のように涼しい。20分ほど走ると笹ヶ峰に到着。
 トイレ、初級学校修了生等の挨拶、体操、が終わっていよいよ登山の開始です。
 登り始めて30分程は身体が慣れていないのでだるくて重い。衣服調整をしてまた歩き出す。後はちょっとずつの休憩を楽しみに無我夢中で歩きました。山小屋(高谷池ヒュッテ)の屋根が見えた時には「やっと見えた!かわいい山小屋だわ・・。」って思いました。
 荷物をデポして火打山へ歩き出す。上信越高原国立公園“天狗の庭”が残雪ありで美しい。「膝が痛くなってきたのでもうやめようかな・・。」と意志の弱い事を思いながら自分との戦いをして、景色の綺麗さに最後まで完歩。
 山小屋の夕食はカレーライスとハヤシライスのWセット。限定ビールが売ってあり思わず購入。楽しく夕食後、洗面。トイレに電気が無い事も知らない私はお借りする事になりました。二段ベットの上段に行かせてもらっていたので慌ててヘッドライトをつけ、明日に備えて準備後就寝しました。
 初級学校で習ってきたことを活かせた山行が出来たと思いますが、数々の方に助けられ一緒に歩いていただき皆様のおかげで良いスタートが出来たと思います。お世話になりありがとうございました。これからも山行を重ねて色々なことを学んで行きたいと思います。よろしくお願いいたします。
                                       【田中みゆき】


 2日目、妙高登山の感想
 4時に起床。朝食を済ませて高谷池ヒュッテの外に出ると、空がブルー、薄紫、サーモンピンク、とグラデーションの中に北アルプスの白馬岳、立山、槍ケ岳と姿をあらわしてきました。
 ヒュッテの前は狭く体操をしないで、540分に出発して、すぐ急登の石ゴロゴロの道を登り始めました。途中に雪渓を見ながら、620分に茶臼山、通過です。
 黒沢池ヒュッテでトイレ休憩。雲ひとつない快晴です。
 725分 大倉乗越(2,150m)今から登る均整のとれた台形の越後の名峰妙高山がまだまだ遠くに見えます。
 845分 妙高山分岐で水分と必要なものだけをサブザックに詰め身軽にして、他の荷物は一まとめにして置き、妙高山へピストンです。大きい岩や小さい岩、石ころ、そして急登、ロープを頼って登ったり、岩を登ったり。こんなに険しいとは、想像もしていなかった。時には、足の着地を教えてもらったり、気が抜けない登りが続きます。白い幹のダケカンバが岩と緑の木々の間に見られます。
 2班の中高年組は1025分に2,454mの妙高山北峰にたどり着いた時には皆で歓びを分かち合い、感激で目がウルウルしていた人もいました。
 5分程歩いて南峰へ。大きな黒い岩がゴロゴロしていて、火山であった名残りを感じさせ両山頂間の稜線には大小様々な岩が林立しています。同じ道を下って行くのですが、急なので気を引き締めて下ります。
 12時に分岐へ到着、昼ごはん。
 涼しい川沿いを歩くとワタスゲが一面に咲いた長助池へ。大倉分岐では、水芭蕉の花は終わっているが大きな葉が残っていました。黄金清水でおいしい冷たい水で一休み。大倉谷では、緊張の渡渉。ヘッピリ腰の中高年組は、藤木さんに助けてもらって無事に渡りました。日本の滝百選 惣滝 を左に見ながら重い足取りで通過で す。下山していると温泉の硫黄のにおいがしてきます。
 530分に12時間の歩行で燕温泉に到着。  
 今回は、すぐ喉が渇き水分ばかり取り食欲がなく、日頃の体力増強を痛感しました。
 参加の皆様には、お世話になり、ありがとうございました。
                                        
                                        【吉田富美子】