トップへ  山行報告INDEXへ


奥 多 摩 三 山 縦 走


班 佐野住江

日   2016512日(木)夜~14()

参加者 単独行  テント泊

行 程 13日 中央道日野6:25~日野駅―立川―青梅―奥多摩―小河内神社9:12

   三頭山登山口9:42~三頭山西峰13:18~鞘口峠14:17~小河内峠16:23

   御前山17:40~御前山避難小屋17:50

 14日 小屋5:51-7:00~大ダワ8:02~大岳山9:32~鍋割山10:44

   御岳山頂10:59~下山口12:10~古里駅13:58-立川―東京―新大阪20:26

13日(金)

 平日なのに鴨沢西行のバスは満員。小河内神社で下車し麦山の浮橋で奥多摩湖を渡りヌカザス尾根を登って三頭山に着く。三山の最高峰で1524m、湖から約千mの高度差があり頂上付近はブナ林が美しい。山頂は県境で山梨100名山と東京の奥多摩三山の碑が建つ。多摩川を挟んで雲取山、鷹ノ巣山の石尾根が見え反対側に富士、三ツ峠山が見え絶景だ。下りは都民の森を通るので遊歩道なども有り道が複雑だ。風張峠から月夜見山まで周遊道路の傍を歩く。小河内峠から惣岳山の手前になると都岳連が設置した柵が現れ、カタクリ保護の看板が沢山つけてある。御前山に近付くと都が設置した柵に変わる。二山目の御前山に何とか明るいうちに到着し御前山避難小屋に下る。小屋は先客が1人寝ていたので傍にテントを張る。夕食が終わる7時頃まで明るかったので助かった。小屋はすぐ傍に水場が有り蛙がずっと鳴いていてトイレも有る快適な小屋だ。御前山はカタクリの咲く4月末からゴールデンウイークの頃までツアーも含め大変な人出らしい。
盗掘でカタクリも減り都岳連が自然保護に力を入れパトロールもしている。小屋の水場は大腸菌が検出されたこともあったらしいが、今回注意書きも無かったので美味しく飲んだ。長距離だったが、やはり水場がある所に泊まるのが快適だ。

14

 6時前に出発するが昨夕下山を急いでいたので大岳山の分岐を見落とした。奥多摩駅と道標が有るのを縦走路の鋸山からの下山道と思いコンパスで方向が違うと思いながら下っていた。やっぱりおかしいと気づいて分岐まで戻り70分のロス。小屋から奥多摩駅にじかに下る登山道は地図にはないが有るようだ。大ダワで車道を渡り鋸山は巻道で通過して大岳山に近づくと露岩の多い道となりトウゴクミツバツツジやシロヤシオが咲いている。三山目の大岳山の頂上は展望も良く、多くの登山者がいた。大岳神社を通り芥場峠に出て鍋割山を経由してシロヤシオが咲いている奥の院へ行く。御岳山頂上を経て御岳神社下る。御岳山は信仰の山で参道の両側に関東各方面の講や会社の大きな石碑が並んでいる。土産物屋や旅館が並ぶ道をケーブル駅方面に下ると大勢の人が歩いている。神社周辺は多くのコースが有り判りにくい。古里駅に下ろうと思っても表示が無い。大塚山リフトの表示を見つけ登山道に入ると古里駅方面の表示があった。急に人が少なくなった静かな道を大塚山を巻いて、古里駅に向かった。御岳山は大部分の人がケーブルで登り、登山客はケーブルの御岳山駅から大岳山を往復する人が多いようだ。 

 三頭山を過ぎると日本山岳耐久レースのコースになるので50キロ地点とかの標識も立っている。頭上注意、足元注意、滑りやすい、岩場滑落注意とやたら注意書きが多いのもトレランの人が多く通過するからかも知れないと思った。北の石尾根と違って何かと多くの人に親しまれるコースであった。