トップへ 山行報告INDEXへ

赤坂山から三国山(近畿の山99シリーズ)

A班 川津勉
03年 4月27日(日)
参加者  今西純朗(CL)、善積寛明、市川信禰、南埜智代(B)、川津一二三、川津勉、
行 程  大阪駅6:24−8:23マキノ駅8‥31−8‥44高原民宿村一登山口9:10−10:00ブナの木平10:10−11:05赤坂山山頂−12:00三国山−12:15水場(昼食)12:50−13:25黒河峠13‥35−14‥50白谷バス停−15:10マキノ高原温泉「さらさ」16‥29−16‥46マキノ駅16:56−18:29大阪駅
 登山姿の客で満員のバスは、列車からの乗り継ぎ客を待って出発。ほとんどの客が高原民宿村で降りる。スキー場の中を登山口へ向かって歩く。登山口で準備体操の後登山開始。始めから急な階段の登りが続くためリーダーからやゆっくりと声がかかる。道の脇にはチゴユリ、シハイスミレ等の花が見られる。登るにつれ、イワカガミ、イカリソウ、大乗黄スミレ、ショウジョウバカマ、等の花が続き、そのつど今西さんから説明をうけ、ゆっくりと花を楽しみながら登る。
  そのうちイワカガミとイワウチワの群生が見られるようになり、道の両側は一面の花の絨毯のようだ。その中にカタクリの花も見られる。登り始めの頃は、イワウチワやイワカガミなど、少しの花でも「ウワーきれい・かわいい」など大声をあげていたのに、登るに連れ、余りにも大群生の花、花、花が続いたため、だんだんと感動もうすれてきた。
今西さんに、イワナシという珍しい花も教えてもらった。花があるたびに名前を教えてもらうが、なかなか覚えられない。花を楽しんでいるうちに赤坂山の頂上についたが、展望が悪く、風も強くて吹き飛ばされそうなため三国山へ向かう。
 三国山山頂は20人も立てば一杯、というような狭い台地だが、なんと先着の10数人が座り込んで食事をしている。そのため、標柱の所へ行くのにも食事をしている狭い隙間を縫って歩かなければならない。何もこんな狭いところを占領しなくてもいいのにと思う。食事の場所を考えてもらいたいものだ。われわれもこういう場所では心したいものです。
  われわれは、リーダーの指示のもと、黒河峠方面へ少し下った「水場」で昼食にした。この後、黒河峠を通り無事下山しました。
 今日は、今西さんに花の説明を受けながらのゆっくりした、楽しい山行であった。今西さんも予想しなかったという程の花の大群落に出会い、又、30種以上もの花を見ることができた。全員大感激、大満足の山行であった。