山行報告・近畿トップヘ

A班平日ハイク
  明ケ田尾山から高山へ

                              A班 川津 勉
日程: 5月31日(日) 
天候: 曇り晴れ
参加: 赤木サナエ、泉堯、泉富美子、植木宏、川津勉(CL)、神田幸枝、
      久保田明、高木洋志、高橋美明(SL)、田中チサエ、土居恵理子、
      野下まち、幡司ちさと、原早苗、藤田富子、古川了三、箕林恵美、
      森野ますみ、柳瀬安来子  19名
行程: 箕面駅8:30 →大日駐車場9:35 → 百年橋9:40 →
     ダム湖西岸7号線登り口10:25 → 11:00エキスポの森(昼食)11:50 →
     鉢伏山→ 明ケ田尾山13:00 → 13:40高山バス停14:00 ―バス→千里中央

山行記録:
 今回は高山からのバスの時間の都合で日曜日に実施した。箕面駅前でコースの概要を説明してから出発。百年橋から自然研究路2号線を登りダムの西側を通り7号線へ入った。土砂の崩落で荒れた道を登る。11時前エキスポの森に到着。展望台から大阪方面は霞んでいて見えない。広場まで行き昼食にした。昼食後、登山道へ戻り鉢伏山へ寄ってから明ケ田尾山を目指す。尾根筋の道にはエゴの木の花の香りが漂っていた。自然林の新緑と涼風もあり気持ちが良い。気温も高くなく絶好のハイキング日和だ。1時前に明ケ田尾山(619.9m)の三角点に到着した。頂上の周囲は大きな木々に囲まれていて、見晴は全然だめだった。 帰りは高山へ向かって谷筋を下る。「高山右近生誕の地」の石碑の前に地元のガイドさんがいて次々と訪れる人に説明をしていた。聞くと「高山右近没後400年で、右近と妻ユスタ夫婦の石造建立の除幕式があった」とのことだった。13時40分頃高山バス停に到着し解散。前回は誰一人合わなかったのにこの行事のためか「右近の郷」周辺は賑わっていた。予定通り14時発のバスで帰途についた。  


●明ケ4田尾山頂上にて



●高山集落にある右近碑