トップへ 山行報告のページへ戻る

鈴鹿山系 雨乞岳
                                           藤野 喜太郎

3月17日〜18日

3/17 近鉄難波(7:30)→四日市乗換え→湯ノ山(10:03)(タクシー)朝明(10:23〜10:45)→伊勢谷小屋(11:05〜11:30)→  根平峠(12:20〜13:05)→上水晶谷出合(14:00〜14:10)→幕営地(16:00)

3/18 幕営地(8:10)→雨乞岳(10:00〜10:10)→七人山との出合(10:55〜11:15)→武平峠トンネル口(14:10〜14:15)  →旧道湯ノ山越分岐点(15:15〜15:30)→湯ノ山温泉(18:00〜18:05)→中川乗換え→上本町(20:30)
CL 木村、SL 大城、川島、南埜、上原、岸上、多田、三田村、神田、藤野
 雨乞岳は木村リーダーの思い入れが強い山である。過去何度かのぼり昨年は大雪のため、引き返している。私もいままで何度か声をかけてもらったが今回始めて同行する機会を得た。
山は滋賀県側にあるが湯ノ山から入るため、奥深い感じの山である。当日は朝からぐずついた天気でタクシーを降りるとすぐ雨具をつける。伊勢谷小屋を過ぎると少しずつ雪が増えて根平峠では雪山の様子を呈してくる。一旦ワカンを着装するが渡渉の邪魔になるのですぐに外し、テン場までそのまま行く。
 幸運というべきか、テントを張り終えた頃にパラパラと雨が降り始める。一晩中テントをたたいていた雨も朝には止み、代わりに薄いガスがかかる。天候から判断して登頂は諦め、杉峠に向かった筈だったが、・・・・・
テン場から少し南下し西へ転じる。目印は見つからない、途中傾斜が急になりコースから外れている事に着付くも現在地が分からない。
もとに戻って登り直す気にもなれず結局分かり所まで登ることになる。傾斜は登るにつれ段々きつくなる。ピッケルを深く突き刺しワカンをしっかり蹴り込む。雪山教室でラッセルを学んだメンバーは早速の実地体験である。私にとっても久しぶりのワカンでののぼりであった。
強風の吹き荒ぶ稜線に近付くとやっと視界が広がるが、依然として現在地不明である。
風に飛ばされないように足元を踏みしめ進む。稜線は南から西へとうねっていて本当はどちらに向かっているのでしょう・・・・などと呑気な事をいっているではない。体力のある男性が数人いるから落ち着いていたものの、場合によってはパニックになりかねない。
やや小高い所に標識が見えて、近付くと何と・・・・雨乞岳である。我々は高度300mを直登したのだ。山が木村さんを呼んだのか、木村さんの思いが知らず知らず雨乞に導いたのか。一同やれやれで複雑な思いを抱きながら、その後は予定のコースを歩き、無事辿り付いた湯ノ山温泉の一杯のビールがまた格別であった。