山行報告・近畿トップヘ

第27回六甲・摩耶シリーズ   「荒地山」
                                  A班 向谷恵理子

日程 2011年7月8日(日)
天候: 晴れ
行程 阪急芦屋川―地獄谷―A懸―ピラーロックー高座谷―
     キャッスルウォールーブラックフェースー荒地山―
     道畦谷北尾根―阪急芦屋川
参加 浅居(CL)、藤田.、上村、渡邊、中嶋、箕林、福家、向谷   8人
    
紀行
 私の苦手なコースです。でも浅居さんの山行が好きなので頑張って参加しました。2分遅刻の私と、準備体操の「いたたた…」の先輩方達の声から始まる山行でした。大雨の後だったのでどこもかしこも水は増えていました。地獄谷の最後の所、脚が届かなくて水は滝のように流れている最大の苦手ポイントにどきどきしながら、どの沢っぽい岩もクリアしてあがりました。夏の増水はちょっと気持ちがいいです。そして次か次かと思っているとA懸に出てきました。そうです、今回は苦手滝ザーザーポイントをなんなくクリアしていたのです!!万歳です!!!
そしてキャッスルウォールでは、浅居さんの命名したA・B・CコースのBコースにチャレンジしようとFさんが上がり始めたその時、石がもろく崩れて、Fさんは直進エレベーターのように落ちてしまいました。(幸い怪我にはいたりませんでしたが)コースの変更に少しホッとしながら、無難にCコースに行き、荒地山のランランランチに到着するころには、暑さと緊張感でエネルギー切れ気味でした。山頂には人がたくさんたくさん居て大賑わいでした。下山は早い早いです。“道畦谷北尾根”を呪文のように唱えて頭に入れながら、途中、湧水がある休憩空間で、時間と気持ちの余裕もあり、水や水道代の話を深刻に話し合いました。予定通りの時間に無事に下りることが出来ました。帰りは近くのカフェでお茶をして話も弾む、そんな山行でした。
最後に…「あぁ、楽しかった♪」
浅居さんはじめ、ご一緒に登ってくれた皆様、ありがとうございました。