トップへ 山行報告INDEXへ

大峰 旭ノ川・中ノ川

藤原道子
参加者 C班(西村.舛井.神軋伊藤.三田村嘉.藤原)

7月19日(土)曇り


車2台で大阪を14:00出発。九州では大雨で土砂崩れによる死傷者も出ている。こちらも昨日は局地的に汝しい雨が降り少し肌寒い感じがする。お天気を心配しながら車を走らせると林道は釈迦ケ岳の分岐を過ぎてますます悪路になり、心細い思いで中ノ川の取りつきにたどり着く。吊橋の向こうに、この所の雨で水量を増し激しい音を立てて落ち
る滝(1m)を見て「わあ−Jと思わず声が出る。本当に登れるのだろうか!身の竦む思いがした。「取りあえず雨が降らなければ遡行できる所まで行こうjとリーダーの声に林道横の空き地にテントを設営。何はともあれ宴会となった。

 7月20(日)集り
5:00起床 どうにか天気はもちそう。簡単に朝食を済ませ準備に取りかかる。今回は沢泊まりなので極力ザックの軽量化に!共同装備のザイル・食料・タープ・ツエルトは分担。 それに貴重なお酒。私も缶ビールを1本ザックに忍ばせ、気を引き締めて吊り橋を渡った。
7:00鉄の階段を登った所から沢に降りる。最初の滝(6m)は事前に深い釜があり右側を巻く、ところが滝口は深い淵になっていて、まるでお椀の淵を渡るようでとても恐い。トップを行く西村さんが短いトラロープにシェリンゲを繋いでくれた。流れに足を取られないようにシェリンゲにしがみつきながら慎重に渡る。少しでもバランスを崩してふらつくと滝壷に落ちるか、深い淵にはまるか!出だしからこれではこの先が思いやられる。
8:30地獄滝(二段45m)下段は張り出した岩に隠れて正面からは見えないがゴウゴウと音を立てて落ちる様はまるで地獄!右手から巻く、ザイルを張ってもらいユマールで登る。するとしっかりとした踏み跡があり大きく巻き上った所が切れ立った岩盤である。 もう一つ向うに渡らなければいけない。見ると草つきをトラバースすれば何とか行けそうかと思ったが、岩盤を斜めに下降してみて分かった。そこからは地獄の底まで滑って落ちそうなスラブ状。西村さんがザイルを付けて一歩一歩確かめながら長いトラバースを渡る。2番手の私はシェリンゲにカラビナを付けておそるおそる滝の上に降りた。三番手の伊藤さんはズルツと滑り緊張が走った。「ザイルが無かったら地贅に落ちていたね!」
四番目の三田村さんはずックが重たくてバランスが悪いのかゆっくりである。次の神田さんも慎重に。いつも最後で指示してくれる舛井さんは確保しているせいもあるが身軽。
全員無事滝上に出てほっと−息!11:00極楽滝(35m)は楽に登れるだろうと思い皆で記念撮影。ここは左側の岩峰を巻く。西村さんが「神田さんここで待っていてjと声をかけた。その意味が登りはじめて理解できた。リードする西村さんの動きが確保している私から見えない。rザイル残り何メートル」と聞かれ滝の音にかき消される声を神田さんに合図。それを神田さんが西村さんに伝える。「な−るほど!・・j残り6mになってからザイルが動かない。支点を探しているのだろうか?それにしてもビレー解除の合図がなかなか来ない。心配が募る。
後で確保されながら登ってみてわかった。最後は滝に身体を投げ出すような感じで岩盤を超えると滝の上はスラブで支点が何処にも無い。よく見ると錆びたハーケンが一本。その横こハーケンを打ち足して確保してくれていた。セカンドで登りながらいつも思うことは「トップを行く人は凄いな−」 と!極楽滝も極楽ではなかった。
12:00十字狭(右岸奥ガネ谷と左岸四軒小屋谷の交差)を超え、その先に(2段15m)の牛鬼滝が姿を現す。左の垂壁の岩盤を登る事になりトラロープとザイルに頼ってあがる(ザックを担いでの登肇はフリーばかりやってる私には辛い)。そこ から横にトラバ−スをする。
神田さんがリード。そして懸垂下降、 舛井さんがザイルをさばきながら谷に降りる。続いて滝壷に行かないように注意しながら滝上に降りた。小滝をいくつか超え廊下を行くと右手にモジケ小屋 (12:30)。ここで初めて食料を口にする、緊張で空腹を感じなかった。早速舛井さんが持って来た釣り竿にイクラを付けて投げると(入れ食い)小さな魚が釣れた。薄羽陽炎の幼虫を初めて見た。
15:00 ヒジキ滝(10m)は左側を登り。ツナウチ谷出合いを超えた川原を今夜の宿と決めてビバーク。薪を集め夕食の準備をしていると上流から釣り人が二人、あまご6匹頂いた。早速塩をふってくしに刺し遠火でじっくり。その美味しかった事!思わぬご馳走に幸せそうな顔で写真に納まった。

7月21日(月)集り
夜中にぽろぽろと雨が来たが朝に止んで、昨日着ていた濡れたれた下着・靴下・沢靴を履き、身支度済ませてごみと火の後始末をした。
7:00 出発。小滝を幾つか超え滑滝(二段20m)は快適にこなしそしてサカモト谷分岐、ここから谷肋きく曲がりに(二段 25m)の深い淵を持つ滝になっている。これを右側から、目一杯足を広げて迫り出した岩を抱くようにしてへツりガレ場を登る。−段目の滝上をトラバースして左上の岩をお助けシェリンゲで登る。帰りは懸垂下降をして深い釜を越えて沢の中に降りた。ここからはツナウチ谷出会まで沢の中を下り、昨日の釣り人に教えてもらっていた下山道にでた。
(12:00)充実した沢登りに心地良い疲れと感動を持って帰阪。