トップへ 山行INDEXへ戻る

芦生の森へ2001年10月

 

T.須後〜七瀬谷〜大谷〜岩谷〜中山 ** 由良川源流遡行完遂 ** 《10月7日》

U.中山〜八宙山〜傘峠〜水谷〜池ノ谷 《10月8日》   〈山行報告は次号掲載予定〉

V.ブナノキ峠〜傘峠〜八宙山〜中山 《10月13日》   〈山行報告は次号掲載予定〉

 

 

メンバー: 三田村(B) ・ 津田(A)

行   程:

10/7(土)  須後 ⇒ 灰野小ヨモギ谷 ⇒ フタコ谷刑部谷カヅラ小屋 七 瀬 谷 ⇒

06:25    06:48  07:12−07:20     07:38      07:45       07:55     08:44−09:07

         アイノ谷 ⇒ ユゴ谷 ⇒ 大谷分岐 ⇒ 《昼 食》 ⇒ ホソ谷 ツボ谷  トコ追 ⇒

         10:28    10:55      11:25   11:40−12:20  12:45     13:28     14:00

渕 谷 ⇒ 岩 谷 ⇒ スケン谷 ⇒ イタドリ谷  中山 長治谷テント場 (幕営)

        14:25  15:00−15:20  16:00      16:45      17:00      17:20

10/8(日) 長治谷テント場 ⇒ 中山 ⇒ 850ピーク 八宙山 ⇒ 傘峠935 ⇒ 892ピーク ⇒ 

           08:10        08:25     09:00       09:40      10:00        10:50        

          ブナノ木峠分岐手前(昼食) ⇒ 水谷・2支流合流点 ⇒ 下谷林道 ⇒ 池ノ谷・トチの木平 

      11:00−12:00            12:45          13:15         13:40

⇒ ケヤキ坂・林道杉尾線合流点(ブナノ木峠登り口確認)  ⇒ 内杉谷 ⇒ 須後(駐車場) 

14:10                              16:50      

10/13(土) 長治谷テント場 ⇒長治谷⇒沢谷分岐 ⇒池ノ谷・下谷林道出合 ⇒ ブナノ木峠登り口 ⇒

         08:30−09:00          09:20         10:10          10:30−10:40      

         ブナノ木峠・傘峠分岐 ⇒ ブナノ木峠939m(昼食) ⇒ ブナノ木峠・傘峠分岐 ⇒ 傘 峠     

              10:50            11:30−12:20           12:50         14:30   

        ⇒ 八宙山 ⇒ 850mピーク ⇒ 中 山 ⇒ 長治谷テント場 (幕営)

          15:00       15:30         15:50      16:10         

 

T.由良川源流遡行: 須後〜七瀬谷〜大谷〜岩谷〜中山 《10月7日》

◇前回(9月15日)、降雨のため七瀬谷の先で断念した由良川本流(源流)遡行を再度試みた。

京大演習林事務所のある須後を起点とし、上谷と下谷の合流点である中山に到る約16kmのコースを10時間余で踏破。これまでで最も達成感のある、厳しくも充実した山行となった。

◇演習林入口から由良川本流左岸の平坦な森林軌道(トロッコ)の廃道を歩くこと約2時間半で七瀬谷出合に着く。 ここで浅瀬を探して右岸(進行方向左側)に渡渉すると、それまでの平坦なハイキング道が、急斜面の高巻きや河岸の岩場のへつり・登下降などがうんざりするほど続き、倒木や道の崩壊も随所に見られる高難度のルートへと一変する。                

靴幅ほどもあるかなきかの絶壁の踏跡を、滑落しないよう全神経を集中して歩を進めるが、20kg強のザックを背負っているのでバランスを保つのも容易でなく、四肢を駆使した三点支持の連続、冷汗・脂汗にまみれての遅々たる亀の歩みを黙々とあゆむ。

15kgのザックを背負った相棒も気力・体力を振り絞って真剣な形相で付いてくる。

頼もしささえ覚える足取りだが、一瞬たりとも気の抜けない難所の連続なので、万が一、の不安を消し去ることは出来ない。(お互いに同じことを考えているようだった)

◇七瀬谷から3km弱、難コースのほぼ3分の1を2時間半かけてようやく大谷出合にたどりつき、沢沿いの見晴らしの良い岩場に下りて昼食を摂る。 時おり、鹿らしき動物の甲高く澄んだ鳴き声が深山に長く尾を引く。 けものたちが、じっと息を凝らしてこちらの様子を窺っているような、そんな気配さえ感じられる幽谷・秘境の静謐をしばし楽しむ。 我知らずゾクッと震えが走るのは時折り川面を吹き抜ける涼風のせいだけなのか?

◇昼食を終えて、次の通過目標であるツボ谷、岩谷を目指して歩きかけたものの、はっきりした踏跡が見当たらない。しばらく藪漕ぎをして急峻な崖淵を高巻いたり、沢へ下ったりしながら、ようやくそれらしきものを見出して歩を進める。相変らずの、いや、これまで以上に厄介なルートがどこまでも続く。

◇どうやってクリアしたものかと立ち止まって思案するような難所のひとつに、めずらしく鉄鎖が張ってあるのをみつけて安堵したものの、よく見ると、手前の方が錆びて殆ど切れかかっている。もう片方は固定されているようだが、ぶら下がると切れそうなので、やむを得ず、手探りで岩の取っ掛りを探しながら、ザックの重さも忘れるほど手足の動きに集中し、三点支持でなんとか切抜ける。

 

 

◇相棒のキャッという叫び声に振り返ると今度は“ヘビ”のお出まし。マムシでなかったのが幸いだが、気色悪いことに変わりはない。中山に辿り付くまでに4匹のヘビと遭遇したが、もし難所の岩場で手元、足元にとぐろを巻いて待ち受けていたら、いったいどうすればよいのか? どうなっていただろうか?(と、なかば真剣に考えています)

 

◇大谷から1時間余り、ツボ谷にさしかかったあたりで急に踏跡が途切れた。前方は岸側に深く切れ込んだ小暗い淵となって行く手を阻んでいる。ルートを探すべく四囲を見渡すと、頭上6mほどの太い木の枝から、垂直の岩壁に沿ってザイルと鉄鎖が一本ずつぶら下がっているのを見つけた。岩場の低い位置に足掛りがないので相棒に尻を押してもらって、やっとの思いで垂壁を攀じ登ると、なんとか道が繋がっていたのでホッとする。

続いて、相棒が登るのに楽なようにと、ザックだけをザイルに結わえて先に引き上げるという妙案を思いつき実行に移したまでは良かったのだが、引き上げたザックをザイルから外して地面に置いた途端、バランスが崩れて落下するというハプニングが生じ、かえって余計なエネルギーの消耗を招いてしまった。再びルートを見出した安堵感から来るちょっとした気の緩みがもたらした失態で、本山行における唯一の反省点となった。

◇大谷から岩谷へ到る3km足らずの道程も難所に次ぐ難所の連続で、七瀬谷から大谷までとほぼ同じ2時間40分を要した。

岩谷到着が午後3時。本来なら、このあたりで行動を止めて幕営適地を探すのが妥当と思われるが、2ヶ月ほど前に中山から岩谷の先、トコ追あたりまで、今回の下見を兼ねて沢を下ってきた経験があり、また、野生動物のテリトリーの真っ只中に、闇夜、二人っきりで幕営することに対する不安もあったので、当初の予定通り、日没前に中山に到達すべく先を急ぐことにした。

◇岩谷から終着点の中山に到る約3kmのコースタイムは、エアリアマップでは1時間となっており、歩行距離と所要時間の関係からみて、この先はかなり楽なルートだと思っていたのだが、予想に反して、とてもハイキングコースとは言えないような難路が続いた。気力・体力の消耗が激しく足取りも重かったので、道半ばのスケン谷出合までで1時間を要してしまった。中山にたどりついたのは、それからさらに1時間を経た午後5時ちょうどであった。  (エアリアマップのコースタイムは少なくとも1時間30分程度に修正する必要があるのではないかと、今でも思っています)

◇通い慣れた中山の下谷側の沢を渡り、林道に這い上がると、二人ともしばし呆然と立ち尽くし、達成感・充足感が漲ってくるのをじっと待ち受けていた。極度の緊張から解き放たれた安堵感からか、相棒の双眸には涙が滲んでいた。                       (三田村喜嗣)