トップへ 山行報告INDEXへ

"初級面白シリ−ズ"
錦秋芦生の森

A班 市川 伸彌

日時:11月2日(日) 7:00 阪急蛍池集合
参加者:三田村喜嗣(CL)、三田村光子、伊藤由美子(SL)、根家幸子(SL)、神田定信、吉田真喜子(以上C班)、吉田勤(一般)、幡司ちさと(SL)、降籏光子(SL)、広高充、番場チエ子、手島志保子、大石朝美、塚本順三、神田幸枝、市川伸彌(以上A班)、中川弘、南埜智代、森岡敏征(以上B班) 合計19名
コ−ス:生杉ブナ原生林ゲ−ト10:10−地獄峠10:40−(枕谷)−三国峠
11:15−野田畑峠12:30−(昼食)−13:15出発−(野田畑湿原)−長治谷14:00−14:15出発−(扇谷研究林)−ゲ−ト15:45

この山行は「蛍会」の企画で、巧まずして3班交流の形となり、総勢19名が4台の車に有り難く分乗して湖西を目指す。私にとっても「憧れの芦生行路」である。霜月にしては暖かく薄曇。原生林ゲ−トで三田村CLより、今日は紅葉観照を主眼にゆっくり歩きたいとのこの上ないご託宣。ゲ−トから地獄峠までの林道で、早くも満山紅葉の美景に皆の嘆声が漏れる。そこから枕谷を遡ると、沢ふたぎ(色気の無い名前だが)のトルコ石のような青い実が、またマムシ草のルビィのような紅い実が紅葉林の前景となって目を楽しませてくれる。三国峠(標高775.9m)では比良山系の武奈ヶ岳も遠望できてけだし絶景であった。
 滋賀県と福井県の県境の尾根筋を、時にはドタバタしながら野田畑(ノダバタ)峠まで歩いて昼食。由良川の源流の一つが流れていて、水は冷たく清冽。テント掛けのハイカ−もちらほら。ブナや水楢の優しい落葉に坐してゆっくり昼食を楽しむ。午後は当初予定のシンコボを割愛して野田畑湿原を下る。やっと持参のゴム長がすこし威力を発揮して、ジャブジャブとアマゴやハヤの棲息する小川を渡渉する。この数日快晴が続いたので効用は今ひとつだったが、雨がちの季節にはゴム長が必須であろう。この湿原は三田村CLによれば、紅葉の秋以外にも、芽生えの早春、新緑、積雪時いずれも見飽きない原始の植物生態が楽しめる由である。
 1時間足らずで水場とトイレのあるテント地長治谷に下りて、そこからCLお薦めの扇谷研究林に向かう。ドイツとうひ、うらじろモミ、さわらなど珍しい樹林の果ては白樺とカラマツであった。林道で再度紅葉を楽しむ。思わず小学唱歌「もみじ」が口をついて出て来る。「秋の夕陽に照る山もみじ」まさに艶麗な日本画の世界である。
 "山燃えて 芦生静かに 冬を待つ" 
ネット歩行時間4時間20分。しみじみ秋を味わう真面目な山行であった。