山行報告・近畿トップヘ

山行報告 A班山行
  宕陰の地蔵山から愛宕山へ

                                   A班 久保田 明

日程 2014年10月5日(日)
天候 曇り
行程 (嵯峨野線)JR八木⇒(京阪京都バス)越畑BS9:10~芦見峠9:40~
    ▲地蔵山11:00~竜ヶ岳分岐12:00~愛宕神社(昼食)12:20-12:40~
    水尾14:15⇒(自治会バス)JR保津峡駅
参加 久保田CL、赤木、柳瀬   計3名
紀行
【はじめに】前日の4日13:00でWNI(WEATERNEWS INC.)予報は、亀岡地方降水確率80%、台風18号も北上中なので案内に従えば中止である。しかし、諸条件を詳細に分析し総合して決行を決めた。結果、幸運にも家を出てから帰りの保津峡駅まで“雨なし”の安全山行になった-Good job!-。諸々の評価項目を記す。
▶1時間毎の降水量は山行中1~2mm:これは弱雨で雨具なくても可、▶風速は1~4m:前日の淀川筋の半分ほどの風、▶気温は24度:小雨に濡れても寒くない、▶前線は2日前に日本を離れ南下した:山が荒れることは少ない、▶雨雲レーダー:厚い雲は来そうにない。但し、突発の局地豪雨はわからない、▶台風ファンフォンの位置は大東島北方28度:地蔵山の緯度は35度4分で下山時刻までは影響が少ないだろう、▶コース経験:私は4度目でこの2月にも雪中登山した、▶二人の参加者さん:歩行時間5時間で標高差540mには体力も登山力も十分である、▶一行は3人:少人数で不具合時に対応し易い・・・。
【山行】越畑へのバスは積雪期満員になるが、さすがに今日は貸し切りになった、喜んで良いのやら…。用心のため雨具のズボンだけ着用して出発。越畑バス停前に「にほんの」里100選 宕陰(とういん)の棚田」の案内板あり。愛宕の裏にあたる地名で昔はここからも愛宕神社へ詣でたそうな。今日のお目当ての一つなので10分程カメラを使わせて貰った。お百姓さんに声をかけたら向かい側の山からでないと全容が見られないと教えて下さった。さもありなん、案内板の航空写真を借りて代用にしました。
今は白秋、白い風の中を雨なしで進みたし。中国では、季節を色で表す。青春、朱夏、白秋、玄冬(黒い冬)で、人生にも当てはめる。同行の山女さん方は、白秋時代で実り多い収穫期なのだろう。私は玄冬時代で下り坂最高なり。―閑話休題―
静かな越畑集落を抜け芦見峠で南向きから正反対の北向きへとり、登りにかかる。緩やかな傾斜の後、急登を越えると杉林から馬酔木の群落になる。2月だと雪をかぶった馬酔木の花が可愛い。お地蔵さんが出てきて直ぐに地蔵山頂上だ。京都府一等三角点の最高峰947.6mである。果物と行動食を頂戴し元気に愛宕山へ向かう。ここからは大きな登りはなく高原状の起伏を、よく似た景色にまだかと思いながら間違えないようにコンパスを使う。ジープの通る地道になり竜ガ岳分岐の標識に出合う。今日初めての標識柱である。愛宕山の三角点はコースから少し外れているのでパス。愛宕神社に到着、火伏せの神様に御嶽山を思い火難除けを祈願し、ストーブのある休憩室で12時過ぎの昼食にする。室には有志の運んだ薪が貯えられている、来月末には火が入るだろう。愛宕神社の石段を降り、水尾の分れで清滝に降りるかと思案するも水尾の自治会バスに間に合いそうなので衆議一決。二人の山女さんは、“疲れを知らない・・・のように”高速下山で、膝の弱い小生は遅れてしまう。水尾の里で満開のフジバカマ畑に乱舞する浅黄斑蝶(アサギマダラ)数十頭も見物できて喜ぶ。当初考えていたよりも1時間以上早い自治会バスに乗車できて保津峡駅へ、コースタイム通りの山行となった。


●地蔵山頂上と一等三角点 フジバカマ畑とアサギマダラ
(蝶の羽根には水尾の“水”と云う字がマーキングされていて、繁殖活動を終えた後台湾方面へ渡って行く。途中で見つけた人からは、ネットで報告される情報システムである。)



●にほんの里 100選  宕陰(とういん)の棚田
                  “宕陰や 白くたなびく 焼き棚田”   明平楽