トップへ   山行報告INDEXへ

第 167 回平日山行  淡路富士 (先 山 448 m )

 
報告・・新保行征

日 時   2006 年 2 月 22 日 (水)  天 候 霧、晴天、 でした 。

集 合  蛍ケ池  7時 00 分・・・・昼食メニュー:::トン汁

参加者

 池田( 孝子 )大谷、御旅屋 (晴) 、佐々木 (正) 、鮫島、新保、高橋、田中、

田村( 順)、 田村 (香) 、野下、幡司、藤本、前田、松田、森野、 15 名

行 程 

 蛍池→→中国池田→→洲本 IC →→国道 28 号→→県道→→登山口

帰路 →→県道→→国道 28 →→県道 76 →→立川水仙卿→→県道 76 →→ →→国道 28 →→松帆の湯→岩屋 16 : 30 →フエリー→明石→国道 28 → →→阪神高速→→名神豊中→→蛍池 18 : 30

          

暖かな一日でした。寒暖めまぐるしい中で雨模様の予報が言われながら、近づくにつれ晴れの兆し・・・。心の中でしてやったり・・・。と、ほくそ笑む。

 朝はキリに包まれ、特有の情景が晴れ!を確信する。明石海峡大橋を渡る頃には青空が海の青さと共に春の匂いを感じさせる。洲本 IC で降り、登山口を目指す。

・・・高速道の越えたあたりでバスを止め、準備体操、 舗装された参道と階段、地道を1時間余りで頂上に。頂上には西国観音1番札所のたたずまいが、キリが晴れると共に壮厳な姿を見せて一同感動!とりわけ三重塔がことのほか心に染み入るものがあった。

・・・早目のお昼はトン汁、縦走を考えたが、水仙を見に行きたいと言うので急遽 予定を繰り上げ、大谷さんの提案で立川へ、その後お決まりのお風呂は、これまた 大谷、佐々木さんの提案で明石海峡の見える“松帆の湯”さらに森野さんの提案で フエリーで明石海峡大橋を見上げながら海をわたる。

今日は、本命の山よりも別冊付録の方が満載した一日でした。