トップへ 山行INDEXへ

第4回秋季クリーンハイク(箕面)                                               

安藤幸一


箕面の駅にはすでにたくさんの人が集まっていた。
天気の良い日で紅葉のまっさかり、駅前で集会をするのも難しいほどの人出のなか、スピーカーの用意がなかったため何と私が人間拡声器の役をすることになった。
われながら良く通る声だなあと感心したのは、一言話し始めたらその辺を歩いている一般の人まで含めて皆がいっせいにこちらを向いたときである。さすがに準備体操をする余裕はなく、自然保護部長山本さんの簡単な挨拶の後ともかく箕面の雑踏の中を歩き始めることにした。もちろんゴミなど拾っている余裕はない。まるで梅田の繁華街を歩いているような感じで後ろからおされながら滝へ向う道を歩いていった。ところが今日のルートである脇道にそれるとほとんど人の影がなくなった。そこで簡単な柔軟体操をし、二つの班に分かれてクリーンハイクは始まった。紅葉の見事さは圧巻だった。もしかすると上ばかり見ていたために見逃していたのかもしれないが、ゴミはほとんど落ちていなかった----と思う。 私の班は途中で急峻の別ルートをとるグループと二手に別れることになった。それぞれのグループが合流した地点で休憩、美しい紅や黄に染まった木漏れ日の中でゆっくりと昼食をとりゆったりとした気分になった。ふだん人から食べ物をもらってばかりいるこの私は、今日こそはと、安曇野から送ってもらった大きいリンゴを3つ持って来ていた。蜜のタップリ入ったそのリンゴは、山で皆と一緒に食べるとことさらおいしかった。帰路途中の広場でゴミの集計をおこなったがそれほど量は多くなく、種別分類をしたゴミを皆で手分けして家に持ち帰った。元気の良いグループは、更にそのあとゴミを背負ったまま山に登り、私のように「まあ、今日はこのへんでいいか。」と思った人は解散となり再び箕面の雑踏の中に消えていったのである。クリーンハイクは山を愛する人にとって欠かすことの出来ない日常活動の一つなんだなあ、という思いをかみしめながら家路をたどった。そろそろ家でも年末の大掃除を計画しなくてはいけない時期がやってくる。「皆で我が家にクリーンハイクに来てくれないかな」などとふと考えて苦笑した。