トップへ 山行報告INDEXへ

長 老 が 岳 (平日ハイク)

A班 川津一二三
参加者 新保 久保(B) 鮫島 幡司 兼重(B) 植木 北村 塚本 岡坂 田村
    川津×2 一般2名                    計14名
行程 上乙見9:50→ 林道終点10:15/30→ 長老が岳山頂11:50/12:40→ 管理棟14:05→仏主15:00⇒⇒⇒上乙見15:30
長老が岳は丹波高原のほぼ中央に位置し、その山姿は、大きな屋根型で、何処から眺めてもそれと判る。この山は、『長老さん』とも呼ばれ親しまれている。(我労山の、長老?も参加という声もあり) 石楠花やイワカガミの群生地もあり、山頂からの展望も良く、名実ともに京都丹波の盟主である。
今年になって、私が参加していた頃の平日ハイクでの思いでの山、百里が岳・横山岳とリピートし、行きたかった荒島岳・今回の長老が岳に参加させていただきました。
平日ハイクもそろそろ150回を数える回数になるのでは?(あれは4年前の12月に100回記念山行の思い出があるので……)参加する人も殆ど変わり、雰囲気は変わっているが、変わらぬのは、新保さんと昼の、あったか〜い鍋物。今回は、久保さん幡司さんの心のこもったぐ沢山の団子(ジャガイモ)汁。山頂は、東屋風の建物はあるが、そこには、雪があり風が通りぬけるので、とても寒く、座ってなどいられない。とても眺めも良く、日本海も、見えたけど。風が冷たく身に凍みる。あ〜あ〜日本海♪(思わず演歌調) 冬山の心の準備が出来ていない。持っていった食事は、寒くて、食べる気になれず、いも団子汁を、鼻水をすすりながらいただくと、早々に、下山。登るときにも、たくさんの、イワウチワ(思い込みかも?)の群生を見たと思ったが、下山ルートのはイワカガミでは?となり、イワカガミとイワウチワの違いがわからず宿題となる。(案内板にはイワカガミとあるがイワウチワもあったと思う。写真を見て、イワウチワとどこが違うのか?残された茎の花のつき方で下山路のは、イワカガミと、判明。)
整備された登山道では、満足できなくなった平日ハイクの面々。突然!リーダーが、藪こぎをはじめる。予想に反して以外にも、急斜面!降りながら、「先月のはこんなもんじゃ〜なかった。もっと急斜面で滑りやすく、そのうえワッハッハハ ね〜。」意味ありげに笑う。時間短縮のはずが、2倍ほどの時間がかかってしまう。
車2台で、登山口・下山口と、配車していただき、長老が岳を丸ごと楽しみました。
その上、春にはイワカガミ・イワウチワの群生を判別するために再度の約束をしました。春の花を見れば納得できるでしょう。それはそれは見事な群生です。ご一緒しませんか。