トップへ  山行報告INDEXへ
 

ダイトレコースを行く  その1

A 班 藤原千恵子

日 時: 12 月5日(日)

参加者:市川信彌、善積寛明、高橋美明、上口久男、森野ますみ、御旗屋晴子、山口幸枝、

    藤原千恵子 計8名

コース:当麻寺駅 8 : 40 ―ふれあい広場 9 : 00 ―祐泉寺 9 : 30 ―二上山馬の背 9 : 55 ―

    竹内峠 10 : 35 ―平石峠 11 : 30 ―岩橋山 12 : 20 ―葛城山まで 3.5km 地点 13 : 30

    ―ダイトレ 20km ゴール地点 14 : 50 ―葛城山頂 15 : 10 ―葛城ロープウェイ駅

16 : 30 ―近鉄御所駅 17 : 20

  前日の天気予報では 5 日は午前中までは雨との予報。もしかして山行中止かと思い市川氏に確認の電話を入れたところ、「労山は雨でも行きます」とのお言葉。「やはり!てるてる坊主を吊って寝ます」と電話を切って雨の山行を覚悟の上準備をして就寝。早朝真っ先に空を見ると雨は上がっており、西はうっすらと明るい。「ありがとう、てるてる坊主さん」

 当麻駅から古い町並みを抜けふれあい広場まで行く。ストレッチをし、二上山を目指し登り始める。登山道は歩きやすく道もさほど濡れてはいない。針葉樹の緑の中に紅葉したもみじが美しく、目を楽しませてくれる。程なく二上山馬の背に到着。近くは河内長野、遠くは大阪湾の向こうに六甲の山並みまで見渡せる絶好の景色。ここで、ダイトレの標識を確認し、尾根伝いに今度は下り。「せっかく登ったのに、下りなくても」などといいながら岩屋峠、竹内峠、平石峠までの道を、アップダウンを繰り返しながら歩いていく。途中国道 166 号線を渡った付近から通り雨にあうが、程なく雨は止む。平石峠付近では野イチゴがあちらこちらに赤い実をつけている。一つまみ二つまみ口にすると、かすかに甘い野の香りがする。これも山の楽しさでしょうか。

 台風 23 号の影響か、方々に倒木が目立ち、登山道を塞いでいる。強風が吹くたびに木と木が擦れ合いカチカチと音を立てて、まるで荒れた山を嘆いているかのような感じだ。それでも時折、右手に大阪、左手に奈良の景色をかい間みながら岩橋山へと歩き続け、葛城山まであと 5.1km の標識のある地点に到着。そろそろ 20km ゴール地点も近い。

 昼食を終え、葛城山までの標識のキロ数が減っていくのを楽しみに歩き出す。しかし葛城山 1.5km 手前から急な木階段が4箇所もあると聞かされ、思わず絶句。見えた!木階段一つ目 168 段、続くこと 85 段、 71 段、そして最後に 196 段。登りきるとそこにテレビ塔があり、ダイトレ 20km ゴール地点まではもうすぐそこだ。ゴール地点到着、 2 時 50 分。歩けたという達成感がすべての疲れを消し去ってくれる。

 白樺食堂の休憩所に荷物を置いて一休みした後、山頂に登る。山頂からの眺めはすばらしく 360 度の眺望だ。東は 明日香村 、三輪山、桜井、天理方面まで見渡せる。西の空からまるで「神のみひかり」のような光の筋が雲の合間から差し込んでいて、私達の山行を祝福しているかのようだった。あとは葛城ロープウェイのわき道を下っていく。この道はかなりの急坂で、コースは荒れていて滑らないよう注意しながら下っていった。

4 時 30 分、ロープウェイ駅に到着。バスの時間まで 30 分近くあり、結局御所駅まで歩くこととなり、「ダイトレコースを行くその 1 」は無事終えることが出来た。

 以下は市川氏の見解:「今回のペースで当麻寺スタートを朝 6 : 30 分とすると、 20km ゴール地点到着は 12 : 40 分。 40km コース参加者の足切り時間が 13 : 30 なので、 40km 終着紀見峠まで続走は余裕で許可される。」とのことでした。