トップへ
山行報告INDEXへ

堂満のお花畑を満喫して

〜春雨煙る新緑の山にシャクナゲが映えて〜
A 班 武藤 幸夫

日時   5月7日 (日) 

参加者

木島( CL )、新保、内田、泉、上口、嵯峨山、高橋、田中(チ)、塚本、仁井谷、藤本、降旗(太)、降旗(光)、降旗(威)、松田、三村、森野、武藤(幸) 計 18 名

コース

蛍池駅前 6 : 50 →名神桂サービスエリア 7 : 35 →イン谷口 8 : 10 →(堂満東稜道)→堂満岳山頂下お花畑 10 : 22 ・ 11 : 25 →南比良 1 : 10

 「降水確率 90% 、風強く、時に雷」との天気予報もあり、バスハイクはどうなることかと蛍池駅へ来てみると、心配をよそに、バスの中は人で一杯。木島 CL, 新保さんや、ご参加の皆さんの声が大きく響き、雨もなんのその、熱気むんむん。初参加させて頂いた私は、こんな雨なのにと、この雰囲気を理解をするのにやや時間がかかりました。 (やがて、私も引っ張り込まれましたが)

 木島 CL から「下見の結果、奥ノ深谷コースは、9月の大雨で大橋小屋は手前の橋がなくなるなどで辿れなくなったので、止むを得ず、堂満東稜道を登ります。今日は、雨のため、堂満岳山頂ではなく、お花畑を目指します」とのご説明があり、イン谷口から、登り始めました。

 雨のそぼ降る中、周りはどこにも新緑が溢れ、木々は春を寿いでおりました。登ること約2時間、急な上りが続いた後、木島 CL が「皆さん、綺麗なシャクナゲを見て下さい」と大きな声をあげられました。そこは 「お花畑」 。堂満岳の頂上を前にしたややなだらかなところに、 シャクナゲ があちこちに集まり、ピンクが大半で一部に赤い色の花が雨露を受けて一層鮮やかで、今が盛りと咲き誇って私たちを迎えてくれておりました。近くには、 いわかがみ いわうちがピンクのしとやかな花びらを雨に打たせておりました。足もとの悪い中を登ってきたこれまでの疲れが癒される素晴しい 「お花畑」 でした。

 新保さんご持参の雨よけの天井カバーのなかで、串に沢山刺して来て頂いた美味しい富山蒟蒻の田楽に舌ずつみをうち、天候悪化を避けて山を下りました。

 帰途、天然温泉「比良とぴあ」で汗と泥を流し、坂本で古代そばを堪能しましたが、私には、雨をものともしない、皆さんの迫力に圧倒された一日でした。