トップへ 山行報告INDEXへ

C班冬山新人研修第6回  比良山 堂満岳第一ルンゼ
          

2003年 2月8日(土)〜2月9日

     CL 井上満鶴  SL 中西妙子
メンバー 井上満鶴・舛井勝・神田定信・中西妙子・三田村喜嗣・伊藤由美子・小味典子

2月8日(土)20:30 イン谷口のテン場に到着し、ほとんど雪の溶けたテン場に、雨足がつよくなってきたため、急いでテントを設営し、皆で鍋を囲む。
2月9日(日)曇り空。8:15 テン場出発し。9:15第一ルンゼ入り口に到着し、アイゼンを装着後、ルンゼを登り始めた。雪の乗っている岩場は簡単な登攀の練習になった。雪の下に流れる水の音が聞こえた。岩場を過ぎてデブリとなった雪の上をラッセル開始。2週間前の雪より水分をふくみ、ラッセルは容易であった。小さな雪崩がおき、雪の塊がころがってきたときは、ひやりとした。上へ登るにつれて視界が悪くなっていたが、11:30にようやく堂満岳頂上付近の登山道に出た。
そこで、まずはじめにスタンディングアックスビレイの練習である。2人ペアになりザイルで確保し、1人にわざと滑落してもらい、ビレーするというわけだが、衝撃を与えないようにゆっくり停止させる、ザイルをもつ力のかけ具合がつかみにくかったが、姿勢が正しければ、ほとんどビレーヤーには力がかかってこないことがわかった。
次にビーコンの使用方法を習い、実際に雪の中に隠されたビーコンを探し出す練習だが、神田さんは2分ほどで探し出せた(救助できた)が、小味は10分もかかり残念ながら、遺体捜索となってしまった。
次は、サーチポールというゾンデ棒を使用した埋没者発見の練習。隊長の号令とともに新人3人が一列となり、ポールを雪にさしこみ、ポールのささり具合で、雪の中に埋もれた人を探し出すという。ポールの先端の感触を判断し、認識する力が必要である。
この頃から体は冷え込み、手足はかじかんできた。
 最後に1×2mの穴を堀り、埋没体験である。神田さん、三田村さんは雪の下でもトランシーバーで会話ができるほどの余裕であったが、伊藤さん、小味は雪の重さに呼吸困難を覚え、(胸をふくらませないため、息ができない。)身動きもできず、すぐ穴から出してもらった。わずか30秒ほどであったそうだが、非常に長い時間に感じた。この恐怖は2度と味わいたくない体験だが、雪山の恐ろしさと訓練の重要性を痛感させられた。
 訓練終了は14:20.全身疲れきっており、懇願の眼差しでリーダーの指示を待っていると、登山道を下山するとのことで、ホッとして金糞峠、青ガレを通り、一気にイン谷口へ下り、15:30到着。16:45比良駅近くからは頂上にガスのかかった堂満岳が見え、1週間後の公開ハイクの成功を祈り、電車に乗った。
 とても内容の充実した新人研修をありがとうございました。      文責 小味典子