トップへ
山行報告INDEXへ

ガスの御在所岳

 
B班 平野紀雄

日時  2006 年 4 月 23 日 ( 日 )

参加者 相原、大城、佐々木、佐野(コースL)、野村、山田、平野紀(CL)

コースタイム

  阪急蛍池駅 6 時 30 分〜名阪〜 8 時 50 分スカイライン駐車場

  駐車場 9 時 ⇒9 時 40 分藤内小屋 9 時 50 分 ⇒10 時 40 分三岳寺分岐 ⇒11 時

国見不動祠 11 時 10 分 ⇒11 時 40 分国見岳(昼食) 12 時 05 分 ⇒ 12時25分

国見峠 ⇒13 時 05 分後在所岳 13 時 15 分 ⇒14 時中道鎖場 14 時 15 分 ⇒15 時 15 分

スカイライン ⇒15時30分駐車場

駐車場 16 時〜名阪〜 18 時 30 分阪急蛍池駅

 定時に集合、直ちに出発。窮屈な感じはするが一応 7名が座れる。

雨模様ではあるがそれほど降らず、登れそうである。結構車が多く日曜日だねと感嘆する。休憩無しで走った成果で、 9時前にスカイラインのトンネルを抜けた先の駐車場に到着。日曜は満車と、大変心配していた駐車場はガラガラ。

山道に入ると、初参加の山田さんが次々と花の名前を話される。少しいったところでかの有名な高遠の桜と同じエゾヒガンサクラですよと指差される。鮮やかな色の桜が満開、目にしみる。普段見る桜と色合いがまるで違う。

藤内小屋を過ぎたあたりから雨もなくなった。ガスが掛かっているが濡れることはなさそう、ヤレヤレ。岩のごろごろした道を、滑らないようにやっとこ(これは私だけ)登り、シロヤシオの群生する道を通るが、まだ芽吹いてもいない。

国見岳は誰もいない。貸切で昼食。やや肌寒いが、雨がないだけでも儲けものだねとユックリ昼食。

縦走路にはまだ雪が残っている所があって吃驚。ロープウエイの山頂駅のある朝陽台まで来るがガスが濃くて山頂は見えず。遊歩道を10分、御在所岳山頂到着。

ガスの中、鎌も、雨乞も何も見えず。しかし、立派な碑が立ち、公園のようだ。 50年前にはじめて登ったときはこの辺はまだ山の感じが残っていたのにと感慨無量。

下山は中道を下る。急下降だし、濡れているので滑りやすいが、皆さんはさっさと降りられる。一生懸命後を追う。

キレット、オバレ石を過ぎたあたりから、アカヤシオの花が咲いている。見事なピンクというより更に濃い色が、重苦しい天気の中にひとしお目にしみる。

やがて、自動車の音が聞こえ、御在所山の家に出る。スカイラインを15分、駐車場に戻ったのは15時30分、自分の考えていたより1時間ばかり早い。お陰で大阪に戻ったのはまだ明るさが残っている時間だった。

本来は、鎌ケ岳からの縦走を企画していたのが、私事で日帰りになってしまったのに大勢ご参加いただいて有難うございました。佐野さん、きっちりしたペースでのコースリーダーこれまた有難うございました。