トップへ 山行報告INDEXへ

第182回平日山行 「御在所岳」 ビスターリ、ビスターリの記

A班 久保田 明

  快晴の御在所岳を武平峠からピストンしました。マイクロバスによるアクセスが長時間を要する事、特に名神高速が長期の補修工事に入っていて渋滞する事から最短コースとされました。往復3時間、距離3km程の登降なので「紙面に何を盛るか・・・」、思案しつつの紀行です。

鈴鹿スカイラインのトンネル傍にある武平峠駐車場で準備体操をして登山道に入る。今日は時間に少し余裕があるのと岩場の登降なので出来るだけ“ゆっくり”(ネパール語で“ビスターリ”)と進みます。10分程で武平峠です。この峠は四辻になっていて、北に行けば目的の御在所岳、南に行けば鈴鹿槍と云われる名峰・鎌ガ岳、東に下りれば湯の山温泉です。

ここから標高差300mの急登です。ザレ場あり、岩場あり、3点支持の箇所ありでやせ尾根をビスターリ、ビスターリと休憩を入れながら慎重に登りました。時おり涼風が吹き身体や頭を冷やしてくれて一息つく。岩場が尽きた所で、指を天に突き出した様な奇岩が見られる(写真参照)。仏像の印相のようで、「天上天下唯我独尊」を表すものなりや。なお、私はその境地にありません、念の為。平坦な所へ出た後、緩い50m登りで頂上に到着。先ず目に入ったのが、とても大きくて立派な頂上標識です。「御在所岳頂上 1211.95米 一等三角点」と標示されている。下山前にここで記念写真を写しました。頂上一帯は公園になっていて、観光客が湯の山温泉からロープウェイで来られるようになっています。お昼は、恒例のお鍋と竹串に刺した白いこんにゃくが煮られました。お昼休みもビスターリでございます。

頂上近くに、タテヤマリンドウの群生地があり淡い淡い青紫色の花を咲かせていて、皆で見惚れる。リンドウは竜胆(りんだう)と書いて、その根は「竜の肝(きも)」ほどに苦いらしい・・・本当だろうか、蛇の肝だろうか。でも、健胃作用のある生薬になるそうだ。シロヤシオはこれからのようでお花見一歩前のあんばいだったが、この花には思い出がある。下りの岩場やザレ場はより危険なので、登り以上に慎重に進んでトラブル無く武平峠駐車場に戻った。

帰路、国民宿舎「かもしか荘」で露天の温泉に入り、貸切の和室で野洲川の川風に吹かれながらチョコッと反省会をして締めくくりました。

【シロヤシオ調べ】別名ゴヨウツツジとも呼ばれ、葉は枝先に五枚輪生状につく。新葉の展開時、葉の周囲が赤く染まって美しく、開花の前にも楽しめる。(別にアカヤシオと云うツツジもある。)5つに裂けた花びらの上部内側に緑色の紋様が入り花時の美しさは格別で、楚々として清々しく可憐という言葉がこのシロヤシオの為にあるような気さえします。 愛子内親王の「お印」 で、「この純白の花のように、純真な心を持った子に育つように」と皇太子様、雅子様が願いを込めてお決めになったとのこと。・・・2年前の5月に大峰の釈迦ガ岳近くで、これの大木が幾本も満開になっているのを見て大感動したのを憶えています。