トップへ 山行報告INDEXへ
 

3 回京都一周トレイル

比叡山〜鞍馬

 
A 班  野村 靖治

日時:  11 月 14 日(日) 天気: 曇り

参加者:  CL 今西、市川、上口、塚本、幡司、番場、藤原、野村

コース: 阪急十三駅 7:48 ⇒ ケーブル比叡 9:40 ( トレール #1) ⇒ 釈迦堂 10:25 ⇒ 玉体杉 (10:55 ~ 1105) ⇒ 横高山 11:17 (#13) ⇒ 水井山 (11:33 ~ 11:40) (#16-1) ⇒ 仰木峠 12:05 (#18) ⇒ 戸寺 12:47 ⇒ 江文神社 (13:05 ~ 13:40 昼食 ) ⇒ 静原集落 ⇒ (#35) 静原神社 ⇒ 薬王坂弥陀二尊板碑 (14:40 ~ 14:43) ⇒ 薬王坂 14:48 (#40) ⇒ (#43) (15:03) ⇒ 鞍馬駅 (15:10) 解散

[ 注 ] # のついた番号は京都一周トレイルの道標番号(今回は #1 から #43 までのハイク)

八瀬比叡山口からのケーブル沿いにもう楓の紅葉が見えて女性達から歓声があがる。まだ十分とは言えぬが、完全な紅葉までの色んな色合いがかえって美しい。ケーブルを上がったところに一周トレール #1 の標識があり、ここが今日の出発点。歩き出すとみつばつつじが咲いている。そこで市川さんの一句、

紅葉する 比叡につつじ 狂い咲き 。 

 今西さんから五輪塔のお話を、ご実家が天台門徒の市川さんからは天台宗の密教取り入れの経緯を興味深く聞きながらしばらくは歴史の旅。

釈迦堂を過ぎると右にドライブウエイを見ながらの道となる。驚いたことにここには天然のもみの木を何本も見ることができる。一度トレールがドライブウエイから離れ下りの道になり、道を間違えたかなと思ったが大丈夫。正しいルートだった。修行中の僧が御所に向かい玉体安穏を祈念したという大杉(玉体杉)で一息。右に麓が雲海の比良山と琵琶湖が見え、左に京都市内、前方に北山の全貌が見えるという贅沢な場所。ここで市川さんの一句、 

    雲海の 果てなる比良に 冬近し

トレール #12 で横高山 767M への道を取りひどい急登に入る。ここまで楽をしてきたので皆ウンウン言いながら登る。横高山から水井山 794M までの道は左斜面が明るい雑木。今西さんから初春に花を咲かせるあせびの木を教えていただく。「ゴーン」という鐘の音が何度か聞こえる。横川中堂からのものという。スミレが一輪咲いているのを小生が見つけると、今西さんから    山路来て 何やらゆかし 菫草   という句があるよと。ホント、そんな感じだ。

トレール #17 で一時東海自然歩道と一緒になり、仰木峠を越えて #19 でまた自然歩道から離れ、左の「大原戸寺」へ道に入る。小さな流れを数回越えて杉林の谷筋を下っていくと戸寺。みんなの足の速いこと速いこと。若狭路を横切り高野川を渡り、一気に江文神社に着いて昼食。雨が降りそうな気配。

神社から車道に出てまた山道に入り江文峠を静原の集落に入り、また車道。 #34 で 薬 ( やつ ) 王 ( こう ) 坂への道を取り、静原神社の前を過ぎるとコンクリートの急な登り。気温も上がったせいか今日初めての本格的な汗をかく。 1364 年の昔、妻が亡夫のために置いたという弥陀二尊 板碑 ( いたび ) を懐に抱く今は枯れた大木の下で一休み。一休みと言っても休みはわずか3分。皆すぐに歩こうという元気な人たちばかり。右金毘羅山の道標を見ながら、市川さんの句、   落ち葉踏み なんだ坂こんな坂 鞍馬道  を下る。地蔵寺前の坂道をおりて車道に出るとそこが #43 。観光客で賑あう鞍馬駅で解散。市川さんはここから二ノ瀬まで歩くと言われて私どもと別れ(結局宝ヶ池まで歩かれたそうだ !! )、私どもは叡山電車に乗ってお帰り。幸い雨も降らず曇ってはいたが、かえって北山と比良山の雲海の眺望を楽しめた 16KM 、 5 時間 30 分の愉しいハイクでした。