トップへ  山行報告INDEXへ
 

東の川・シオカラ谷遡行記

C班 木嶋孝文記
 CL:西村晴行  藤原道子  平沼茂  伊藤由美子  木嶋孝文
念願の東の川に行ってきました。東の川は、沢をやる者にとっては一度は訪れたい関西屈指の谷です。巨岩がゴロゴロしたスケールの大きさと、遡行には相当な体力が要求される大きな沢です。今回は余裕を持って2泊3日で計画しました。いろいろなことがありました。

【7/17(土)】  15 : 00  JR大阪駅発 〜  18 : 00  大台駐車場手前の東屋着。

快適な東屋でさっそく宴会。早くもC班恒例の歌三昧が始まる。沢の中で歌う予定の歌詞集をここで歌い尽くしてしまう。歌い疲れて 23 : 00 就寝。夜は強風であったが雨はなし。

【7/18(日)】  5 : 30  起床。軽く朝食をとり大台駐車場に移動。

7 : 00  大台駐車場発。シオカラ谷を経て  8 : 20  大蛇ー手前から中崩谷を下降開始。

 いきなりガレの急斜面。中崩谷は左に大蛇ー、右に蒸龍ーに挟まれた谷で、ガレ場に足をとられながら懸垂下降をおりまぜて注意深く下る。昨夜の酒が残っていて頭が冴えない。
  2時間近く下ったがまだ先が見えない。次第に飽きと疲労がたまってくる。今夜の食料と 酒が加わってザックがずしりと重い。このとき 20m ザイルで空中懸垂下降中のリーダがザイルから手が離れて約 4m の高さから転落。下でうめき声が聞こえる。しばらくパニック状態に。直ちに別のザイルで懸垂準備に入り最終チェックをすると、下降器のセッティングが正しくできていない。「落ち着け、落ち着け」と他の人に声をかけて自分を落ち着かせて下降。最悪ケースも想定していたが、意外と元気で一安心。背負っていたザックのおかげで腰を打撲しただけで済んだのは奇跡的であった。

 引き返すかこのまま行くか判断に迷ったが、携帯も通じないし登り返すのも大変だし、幸いにも、たいしたダメージもなさそうなので気を引き締め直してそのまま下降することに。その後、樹林帯に入りやっと東の川本流に到着。 12 : 20 であった。大台駐車場から5時間以上もかかったことになる。

 ここは泊適地ではあるが翌日の行程を考えて西の滝手前まで行くことに。先ほどのアクシデントの精神的ダメージを引きずってはいるが気合いを入れ直して前進する。すぐに25m の地獄釜滝に着く。ここは右を巻いて難なく突破。この谷は巨岩がゴロゴロして進路に立ちはだかっておりルートファインディングが難しい。

16 : 40  西の滝手前着。適当なデン場が見つからず岩がゴロゴロしているところで泊まることに。タープを張りたき火をおこし夕食の準備を始めたころ、少し上った所に絶好のテン場を発見。荷物をまとめて移動。さすがに今日は10時間近いハードな行程に疲労困憊。酒も歌もあまり出ずに 21:00 には就寝。

【7/19(月)】  5 : 00  起床。朝食後  7 : 00 に出発。 

すぐに西の滝が見えてきた。落差 150m の巨瀑の迫力は圧巻である。そのすぐ奥には 245m の中の滝が姿を見せた。見とれて、ここで写真撮影で時間をつぶす。

8 : 00  ここからはシオカラ谷へと入っていく。相変わらずの巨岩の連続である。1時間も行くと左手に 300m 近くもある大岸壁が出現。千石ーである。去年、西村、藤原が登ったフリールート「サマーコレクション」はここにある。私もいつかここを登ることがあるのだろうかと思うと、恐怖心でおじけづいてしまうのであった。どこかのパーティが取り付いているのが見える。声をかけると反応があり、無事の完登を祈って先を急ぐ。

12 : 30  やがて 15m の高倉滝に着く。しばし釜を泳いだりして遊ぶ。ここは左を高巻いて突破。

13 : 30  東の滝直下に着く。ここは滝のすぐ横に直上ルートがあるが、危険なので少し戻ったところから登り、滝見尾根道を通り東の滝の上に出た。ここからは気持ちのよいナメが続き、シオカラ谷吊り橋で遡行終了。 14 : 50 であった。

 この後、大台駐車場までハイキングルートを歩き帰途につく。途中、温泉で汗を流し帰阪。

【総括】

1.今回のルートは取り付きまで5時間以上もかかり、今まで行った沢の中では取り付きまでの時間が最長のルートであった。日程的に余裕を持たせたのは成功であった。

2.懸垂の失敗というアクシデントが発生した。原因は、細いザイル(8mm)での空中懸垂によるスリップと指先がない手袋を着用していたことによる火傷。

3.反省することの多い遡行であったが、次への糧としたい。

【教訓】

1.安全な懸垂のために。

•  負荷がかかる懸垂は9mm以上のザイルを使用する。

•  手袋は指先まであるものを使う。

•  手間を省かない。基本に忠実に。

2.行程には余裕を持たせた計画を立てる。