トップへ 山行INDEXへ

東六甲の花を尋ねて 

7月29日(日)
善積 寛明
参加者:今西純朗(CL)、塚本順三、矢野佐代子、内田 博、降籏大四郎、善積寛明
  
行 程: 9:00仁川駅→仁川渓谷→ピクニックセンター→10:20甲山湿原→11:30/12:15甲山頂上(昼食)→13:00/20鷲林寺→13:45/55観音山→奥池の奥にある湿原→奥池→15:20/25イモリ池→15:30ゴロゴロ岳→柿谷→16:40水車谷(芦有道路)→17:00芦屋川駅

9時 阪急仁川駅に集合。今日は阪神競馬の日で、西宮北口からすし詰めの状態でした。仁川でほとんどの人が降りてしまった。若い人が多く、女性が多いのには驚きました。
 今日の「東六甲の花」山行はシリーズとなっており、今年で3年目である。とは言え毎年ルートが変わる。今西さんの生まれ育った地元で子供の時からよく歩いたところだそうです。仁川の河原でストレッチをしてから歩き始めました。
甲山を見上げながら仁川に沿った道を行きました。甲山は40年も前は禿山だったそうです。その後植林をして今のような木々が繁茂する樹林帯をつくっているのである。甲山はお椀を伏せたような形をしており豊中のあちこちからよく見えます。豊中空港から目の前に見えます。阪大の学舎からも、刀根山・待兼山の高いところ、阪急電車の車窓からも見えます。均整の取れた丸いドームのような甲山はいつも格好の目印になります。民家のある舗装道路を行き詰めた辺りから仁川の右岸に渡り山の中へ入った。今日は水量が多く、水勢も強いので渓谷を遡行して行く事が出来ない。右岸の崖の上を登って行った。振り返れば二上山・金剛葛城の山がよく見えている。目の前には六甲の山並みが続いている。ピョコンと出っ張っているピークが大平山だそうである。仁川ピクニックセンターの中の小川を裸足になって渡渉した。甲山の東にある小さな湿地帯でモウセンゴケ・キツネノマゴなどが咲いていたがお目当てのハッチョウトンボはいなかった。甲山の近辺は湿地が多い。小さな湿地がたくさんあります。コナスビ・ネジバナ・ノハナショウブ・コマツナギがありましたが花しょうぶはもう終わっていたようである。湿気が多く、気温も高い。暑い。甲山の頂上へあえぎながら登りました。ここにはニワセキショウ・クローバー(シロツメクサ)が一杯咲いてました。頂上は広い運動場です。木陰で昼食をとりました。甲山から北山貯水池へ降りこれをグルッと1周しました。北山のクライミングの岩場の下を通って行きました。しばらく行くと、左手に芦屋の浜がよく見えている。昨日の雨で今日は見通しが効き、大阪湾がはっきりとみえる。南港がそこに見えている。一旦車道に出て鷲林寺の方へ登って行った。まことに暑くて汗が吹き出てきた。鷲林寺で一息入れた。ここには名水がありペットボトルを持った人が水を汲んでいる。甲山のあたりは湿地が多く、渓谷も多い。水の多いところです。鷲林寺から沢に沿って登っていきます。観音山のピークでも二上山・金剛山がよく見えている。昨日の雨で汚れが洗い流されてきれいになったためでしょう。観音山を越えて奥池のちょっと手前の湿地でとうとうハッチョウトンボを見つけました。よく見ると真っ赤な体長2cmのオスとちょっと地味な色のメスもいる。あちこちにいっぱいいた。ハッチョウトンボは1〜2週間の生命だそうです。生育の範囲は湿地の中の僅かな部分だそうです。ここまで来てうまくハッチョウトンボに合えました。カキラン・トンボソウを見ることも出来た。奥池のもうちょっと奥にある小さな池でタヌキモが浮かんでいた。ジュンサイも浮かんでいた。ここからゴロゴロ岳の方へ車道を歩いて行きました。途中、イモリ池を経由してゴロゴロ岳に達しました。565.6mのピークを有しており、そこからゴロゴロ岳と命名されたのか。ここから水車谷へ向って山道を歩きました。相当に長い山道をドンドン降りて行きました。水車谷から車道に出て芦屋山手町を下りました。