山行報告・近畿トップヘ


初級登山学校 実技「比良テント泊縦走」

第1日
                                   A班 吉村 叔郎

日 時:平成2371617日 900集合 天候 晴れ 
講 師:広高校長、田中副校長、徳原(B班長)
生 徒:1班 碓井、上村、福家、前田 
     2班 岡部、野坂、古川、吉村  (敬称略)

コースタイム:1日目 

 大阪駅915〜堅田駅1008JR比良駅1023 出発1100 ⇒ イン谷 トイレ前駐車場到着1204 ⇒ 大山口分岐1245 (ダケ道) ⇒ かもしか台1305 ⇒北比良峠1513 ⇒ 八雲ヶ原到着1535

 感想

 ロープウェーが在った時に武奈ヶ岳に来て以来で懐かしい。でも下山中のダケ道で足が痙攣になり、あまり良い思い出ではありません。

 比良駅で全員でストレッチをして打ち合わせ、それから夜の宴会の為の飲み物を駅前で調達。今回は快晴でイン谷まで2回の水分補給をしてイン谷トイレ前駐車場に到着で昼食、暑い夏なのに車は多く駐車していて驚きました。大山口分岐よりダケ道の方本格的登山の開始、地形図を見ながら急登を行きかもしか台は通過、北比良峠分岐まで3回くらい水分補給の休憩致しました、この道が炎天下ではないので助かりました。 ロープウェーはきれいに取り壊しされていて、琵琶湖が見えて疲れが吹っ飛びました。 

  八雲ヶ原のテン場に到着、計画書の予定時間とほぼ予定どうり。到着を祝福して全員で田中副校長の差し入れの冷えたビールで乾杯、 たいへんおいしかったです(ありがとうございました)

16時から気象放送があり、副校長が天気図を書いてみなで勉強しました。

 その座学が終わって、生徒全員でテント設営を致しました。初級学校に入校した時より、すべての人が早く設営出来るようになりました。 それから料理担当と、飲料水確保の人と別れ、飲料水は広谷川で調達、戻ってから、今夜の料理(焼きそば)と中華風わかめスープをみんなで楽しく頂きました。

  今回サプライズだったのは山でバースデーケーキを頂けるとは思いませんでした。 碓井君と私が2人、前田さんの発案、野坂さんのケーキ加工、全員で祝って頂き感激()

  この時期は、ブヨが大変多く、ある人はまぶたが腫れてた人、顔が10ヶ所位の人、耳たぶに刺された人等で,全員どこかを刺されていました。蚊取線香をしていましたが、あまり効果はありませんでした、今後の課題だと思いました。

 初級学校に入校して、広高校長を始め、田中副校長、豊中労山の多くの人に御世話頂き有難うございます。 年が行って、今更学校と思いましたが、入校して多くの人と知り合い、色々ノウハウを授けて頂きありがとうございます。 まだ修了旅行もありますがよろしくご指導の程よろしくお願いします。

初級登山学校 実技「比良テント泊縦走」

第2日目
                                     A班 上村 基夫

日時:平成23年7月16〜17日
場所:比良山系 八雲ガ原・武奈ガ岳
講師:広高校長、田中副校長、徳原班長(B班)
生徒:吉村、岡部、碓井、古川、福家、前田、野坂、上村

行程(2日目)

2時50分起床⇒3時15分八雲ガ原出発⇒4時中峠への分岐点⇒4時25分武奈ガ岳山頂到着⇒5時武奈ガ岳出発⇒5時55分八雲ガ原着 朝食、テント撤収 7時55分八雲ガ原を出発⇒8時30分金糞峠⇒青ガレ⇒9時50分隠れ滝⇒10時45分大山口下駐車場⇒11時20分比良とぴあ着 入浴、昼食⇒1530分大阪駅着

登山学校最後のカリキュラム縦走登山2日目。午前2時40分、暗いなかテントから出る。しかし何か忘れ物がある。私は貴重品を入れてなかった。またテントに戻る。相変わらずのもたもた。校長の後を歩き始めた。大津方面、琵琶湖の対岸の夜景がはっきり見える。北へ歩いてるのはわかる。月明かりが、歩く道をぼんやり照らす。満天ではないが、星もきれいだ。アタックザックだから荷は軽いが、意外と息が速くなる。フーーー。正面に枯れた木か?一本のシルエット。どのあたりを歩いているのだろう?頂上は未だだろう。高度計を買っておけばよかった。エッ!ここ?武奈ガ岳頂上だった。御来光の5時の日の出を待つ。東の山際少しづつ赤らんでいる。稜線でもあり、すごい風だ。それでも2〜3歩反対斜面に移動すると穏やか。が、つい先程までの4方8方視界良好が、あっ!という間にガス。楽しみは簡単に与えられない、と言っているのか? 結局、日の出を拝めずテント場へ戻ることになった。

山歩きは楽しい。景色良好。爽快感。達成感。しかし、この楽しさの反面、危険・不快感もある。これらが克服できて山の楽しさが味わえる。私の課題は多い。食事作り。雨対策。ぼっか力。セルフレスキュー。天気図の作成。熱中症。虫対策。この登山学校は短い期間の中で、技術面の指導のほか、これからの我々の精進・考察すべきことを教授して頂いた。先々週C班の方々、今回のスタッフ徳原班長「落ち着いて、その1歩が安全であることを確認して山歩きを楽しんでください」。肝に命じたい。無事が何より。今後は、豊中労山の先輩諸氏のご指導を頂き、登山の基本を繰り返し鍛錬していこう。そして飄々と山歩きができるよう早くなりたいものだ。山歩きの基礎の基はテント泊だと確信が持てた。岩登り、ロープワーク、沢登り、滝壺飛び込み。楽しかった。再挑戦しない訳にいかない。

最後になりましたが、スタッフの皆様の熱い指導に深く感謝しています。