トップへ 山行報告INDEXへ

幽玄峡のシャクナゲ山行(七面山)

B班 大田輝男
山域  大峰山象      山行目的  深山探訪
山名  七面山       山行スタイル 幕営ピストン
山行日 H15.5月24〜25日   ルート    七面尾〜西峰〜東峰〜アケボノ平
メンバー CL太田 上原 小林恒(車)中川(25日車)赤木 青山


コースタイム
 24日 阪急蛍池西口(2:00)一五条一大塔村役場一七面山登山口(18:30)
 25日  登山口(6:30)一七面尾出合(7:15)一一西峰(830)一東峰(9:20)一アケボノ平(10:00)一槍の尾(10:15)一アケボノ平(11:00〜11:30昼食)一西峰一七面尾(12:45)一登山口(13:30)一夢の湯一五条一蛍池(19:30)

感想
 週間天気予報では24.25日は晴れだ。期待に胸膨らませて蛍池に集合する。
 門真で上原さんと合流し、小林さんの広いバンでゆったり現地に向かう。
 大塔村役場を通り過ぎ夢の湯から左折したため少し時間がかかったが無事登山口に到着した。
  王子製紙の 私有林道を利用でき、1時間助かった。
 篠原林道終点は700m、登山口は1100m水は無いと途中で用意する。
 登山口からは林道は下りでさらに伸びる。少し下ったら水場があった。
 駐車スペースは4台程、平らなスペースを見つけテントを設営する。
 食事は各自持ち、いきなり深山の宴会に突入し大峰の夜は深けていった。霧に煙るアケボノ平

 翌日5時起床、テントをたたんでいると中川さんが到着。(6:15)一同びっくり。
 6:30出発、昨夜は風がきつかったが今日もきつそう。雨でないのがなにより。
 植林帯の急登を過ぎると七面尾に合流する。ここから自然林、木の根道。
 程なくシヤクナゲが現れる。少し遅いと思っていたが丁度見頃だ。ラッキー!
 続いてシロヤシオの歓迎。まさにシヤクナゲとシロヤシオの競演だ。
 銀霊草の群落、アケポノツツジ?、アカヤシオ?もありこの時期が良かったなあ〜。
 さらに進むとやがて笹原に出て西峰に到着、強風で体感温度6〜7度か指が凍える。コース外の岩場を越えて東峰に到着。記念撮影もそそくさと。

 西峰からアケボノ平へ。うずくまる小鹿
 こはブナと笹原で、今日は霧に煙 って本当の幽玄郷である。
 釈迦ケ岳、明星ケ岳が見えないが残念。
 
 図はアケポノ平で見た笹にうずくまる小鹿です。親にはぐれ て助かりそうにありませんでした。(原本は上原さんのデジカメ)


帰りは夢の湯につかり、中川さんの車に分乗し1時間半早く帰宅しました。