トップへ
山行報告INDEXへ

法師山・大搭山へ
==ツツジのオンパレード==

日   5月2日(火)夜〜4日(木)

参加者 CL南埜 清水 川島 その他(川島さんの夫)

法師山 

(宗小屋橋 8:40 ――頂上 11:30 〜〜 12:40 ――宗小屋橋 3:30 )

当初3日早朝発の予定だったが交通渋滞その他を考え2日夜に出発し、深夜大搭着、道の駅の一隅を借りてテン泊。3日朝出発点の宗小屋橋まで行く。

今日は頂上までピストンするのみ。天候は上々、時間はたっぷり。道もしっかりしている。登るにつれて明日行く予定の大搭山の一の塔らしきものも見えてくる。アケボノツツジ・ヒカゲツツジ・ミツバツツジと新緑とのコントラストが最高だ。清水さんと私はほどほどに歩を進める。あまり山歩きに慣れていない川島氏は奥さんの励ましを受けながら・・・。でもやっぱり間隔が開いてしまった。大丈夫だろうか。私たちを追い越していく人たちに逐一聞いてみる。「今 900m のあたりですよ。」「ちょっとばててますな。」「もうそこですよ」等々の言葉で様子がよくわかる。

頂上は満員だ。ガイドによる団体もある。地元のグループもある。一昨年秋歩いた百間山からのコースを目で追ってみる。明日登る大搭山はすぐそこだ。

足元に注意しながら下山。川島氏は奥さんにエスコートされながら下りる。時間はかなりかかったが、よくがんばられたものだ。疲れた足をほんの少し休めただけで、車を運転してくださり、私たちは弘法杉林道近くのテン場へ行く。いいテン場があった。

大搭山

(林道入り口 6:50 ――弘法杉 7:20 ――大搭山 9:50 〜〜 10:30 ――弘法杉 11:55 ――林道入り口 11:20 )

川島氏は車で待っていて下さるので女性3人で大搭山へ。弘法杉林道のがけにはかわいいウンゼンツツジ(地元ではコメツツジという)が咲いている。弘法杉は2本の巨木で間に祠が祭っている。弘法大師が食事に使った箸を立てたのがこの杉になったという伝説があるらしい。登山道はその前から杉の植林帯に入る。結構な急登だ。 849m 峰の辺りからは快適な登山路で眺めもよくなりやがて行く手にツツジが・・・。アケボノツツジ・ヒカゲツツジ・ミツバツツジとツツジのオンパレードだ。昨日以上だ。頂上直下はすばらしいブナ林。

頂上は私達だけ。法師山・入道山は目の前に、北には果無山脈、東は那智の山々が。見晴らしがとてもいい。でも昨日出会った地元の人の話では熊野博のときに必要以上にブナが伐られ、もめて裁判になったとか。複雑な気持ちになる。

下りようと思っていたときに1人登って来る。豊中宮山の人だ。その後は続々と登ってくる。大タワより下る。道標は無 い。地図とテープを頼りに急降下。

川島氏の四駆のおかげで登りたかった大塔山に登れて大満足だ。感謝。(南埜智代)        

アケボノツツジ