トップへ 山行INDEXへ
第138回 平日ハイク   (北山シリーズ第1回)
                      

百里が岳

植木 宏
日時 4月16日(水) 
参加者
 新保、川津夫妻、兼重(B),三田村夫妻(C)、塚本、久保 幡司、青山、善積夫妻、植木、(一般)野     下、笹本
行程 
 阪急蛍池7:00⇒中小屋9:15、出発9:35→林道終点11:05→ 尾根筋11:40→百里が岳11:50…昼     食…出発1:0け→谷2:20→中小屋3:15 ⇒くつき温泉、出発5:20⇒阪急蛍池6:50
 快晴との天気予報の下 7時に蛍池を出発。今回は参加者が15名と多く会長運 転のマイクロバスで我々は後で楽ちん。 途中ガスっていたが登山口では快晴。中小屋を出発してすぐ右側の谷筋をやめて左側の林道をのんびりと歩くが、そのうち道ばたに雪が現れ、だんだんと多くなり道幅いっぱい雪となったところで林道終点
る。 そこで ''あれ? 木地山峠への道がなかったな…." そこらを見回すが道は見あたらず、会長の一声 "直登しよう" との一声で後ろのほうにいたべテランの面々元気いっぱいで先にたって雪の中を登り始める。 さすが山になれている人は違うなと感心。約30分で尾根にでて、小休止のあと歩き始めたらすぐに頂上。頂
上の周りは木が切られ360度見渡せるが景色はあまりよくない(かすんでいたせいかな?)。 
  お姉様方(新米なので顔と名前が結びつきません。ゴメンナサイ)が早速鍋の準備にかかる。 こちらはただただ見ているだけ。 立派にかも鍋ができあが−りごちそうになる。 続いてうどんが入り腹いっぱい…こんなんだったら自分のにりめしを少なめにしといたらよかった…。 その後のコーヒータイムに新保会長個人の鴛告が発表になったとたん、お姉様方は小姑と変身し、根ほり葉ほりの追求。会長もうれしそうに??白状(ただしその内容については会長に直接お問い合わせください)。 
  そうこうする内に休憩時間も終わり尾根筋を下って行く。 高度が下がるにつれ、葉だけだった"岩うちわ"に花が咲き、さらにかなり立派な群落が現れるが、それを踏まないと歩けない所もあり少々残念。 根来への分岐もこえてやがて谷筋となりさらに林道を歩いて出発点に到着。バスでくつき温泉てんくうでのんびり。風呂から上がった後"運転する新保会長に悪いなあ"と口では言いつつ生ビールをごっくくり。その後1時間30分で蛍池に無事到着。新保会長ご苦労様でした。