トップへ 山行INDEXへ

1月度公開ハイク   飯盛山と府民の森むろいけ園地

手島 俊彰
山行日1月19日(日)

集 合JR四条畷駅 9:30

コース 駅---四条畷神社-飯盛山-楠水の場-権現谷林道出合-分岐---むろいけ園地入口
--かるがも橋-木道-森の工作館-芝生広場(昼食)
--水苔園・湿生花園-中堤-古池森林広場-かるがも橋-−権現滝--(権現川ハイキング コース)--四条畷神社
(解散)--四条畷駅

参加者 総数45名(会員19名・一般26名)
     市川、伊藤(博)、石橋、上口、北村、柏田、澤村(泰)、清水(千)、広岡、田村(香)、田中(チ)
     手島(俊)、豊島、中池、山来、藪、米尾(孝)、米尾(良)、吉原、(一般参加者は省略)

真っ直ぐ歩くこと20分で四条畷神社に着く。元官幣大社だけあって立派 な社殿である。主神は楠木正行。
境内でグループ分けとストレッチをした後、神社裏手の登山口から飯盛山の山頂目指して登り始 める。 
  耐寒登山に来ていた少年野球チーム「河北ドラゴンズ」の子どもたちと後になり先になりで 飯盛山山頂(314m)に到着する0ここは、楠木正行らが立てこもった山城の跡で、今は若武者 姿の小楠公の像が建っている。山頂一帯には桜の木が多く、花の頃にはまた訪れたいものだ。
西に目を向ければ、大阪市街地、大阪湾、さらに六甲連山が一望でき、気分は爽快だ。

 ひと休みの後、名水「桶水の場」を経て権現谷林道まで一気に下り、今度は権現川沿いのハ イキング道をむろいけ園地に向けて登る。権現滝辺りの分岐を左にとり、しばらく階段の道を登ると、むろいけ園地の入口だ。天候のせいか園地を訪ねる人は少なく、たまに中高年のご夫婦の 散策に出会うくらい。広い園地ほ豊中労山の貸し切り同然だ。かるがも橋を渡り、自然観察のた めに設けられた木道を通り、森の工作館の先の芝生で昼食にする。生姜のよくきいた熱い甘酒 で体を温めた後、午後は園地の外回りコースをまわることにする。 
  水苔臥湿生花園、中堤、古池森林広場、かるがも橋を経て権現の滝へ出る。滝の高さは約15m、八大龍王の姿を現しているとも伝えられている。

この辺りから、雨がポッリボツリと降り出す。それにしても登山道で雨に合わずに済んだのは幸 いだった。2:15、出発点の四条畷神社に帰着、ここで解散とした。


さて、皆さんの正月太り解消効果はどうだったのでしょうか。
各班のリーダーさんはじめお世話頂いた皆さん本当にご苦労さまでした。