トップへ 山行INDEXへ

台高山脈横断縦走 

池木屋山から迷岳

 
市尾元英
日時     5月3日〜5日  
参加者    木村、多田、平野(紀)、平野(よ)、久保、相原(吉)、徳原、松田、南埜、
        伊藤、広高、降旗、市尾、
コースタイム
 5/3(土)蛍池6:40〜宮の谷登山口11:00-11:30〜高滝12:30-12:35〜奥の出会13:50-14:00〜最後の水場       14:15-14:25〜池木屋山16:10 (泊)
 5/4(日)池木屋山6:30〜第一ピーク(1340m)6:55-7:00〜東尾根山(1332m)7:00〜鞍部(池木屋山から         2.5km位の地点)7:45-7:50白倉山への分岐8:10〜水越のコル8:30-9:00〜野江股の頭10:20-         10:30〜1226mのピーク(昼食)11:00-11:30〜白倉山13:20-13:35〜大熊の頭15:18-15:25〜テ       ント場16:00(泊)
5/5(月)テント場6:30〜迷岳7:10-7:30〜布引の滝コース分岐7:43〜谷の水場9:15-9:30小屋のある広場       10:25-10:35〜ダム広場11:10    スメール2:35〜蛍池17:30

 5月3日6時40分蛍池を車3台で出発、阪神高速は渋滞もなくスムーズに走れたが、西名阪に入ると3連休の初日ということで渋滞しており、のろのろ運転、宮の谷登山口まで4時間20分もかかってしまった。
 計画では、車をスメールまで回送予定であったが、池木屋山到着が遅くなるとの判断で、回送を中止し、早めの昼食後”ヒル”よけのスプレーをかけ登山開始。
 高滝までの登山道は、梯子、鎖、橋等よく整備されておりまた、傾斜も緩く、歩きやすい。
 新緑が美しく、それらを撮影するアマチュアカメラマンも入山しており
にぎやかであったが、一部カメラウーマンが三脚を登山道に立てて、通行の妨害をしており、軽く注意をしたが全く無視されてしまった。
 高滝の巻き道から本格的な登山道となり、足場も悪く落石が起こりやすい。また荷物が段々重く感じるようになる。
 猫滝を過ぎ奥の出会いに到着。下山する他のパーティの情報によると、次の水場が最後とのことでありがたいアドバイスを頂く。
 アドバイス通り、共同水を荷物に入れるとずっしり肩にこたえる。
 また、登山道も急登で、帰って地図で調べたら最後の水場から池木屋山までの斜度が平均24°だった。
 テント設営後、山並みに沈む行く夕日を眺めながらの夕食兼ささやかな宴会を楽しむ。 徐々に暗くなると、夜空に星々が輝きを増す。 子供の頃以来のきれいな星空を見たような気がする。 
  
5月4日5時に起床、荘厳な朝日をを迎え、周囲の山々がくっきり見える。
 本日も良い天気だ、元気良く歩き始める。 東尾根山まではアッブダウンも少なく予定よりスムーズに歩ける。ツツジ石楠花等の花も今が盛りで本当に美しい。
 予定より早めに水越の鞍部に到着。 水場の標識には、往復10分とのことで、水場まで行ってみる。わき水がカップ一杯になるのに約10秒かかる程度の水がわき出ている。一口飲んでみたら非常に美味しかったので、手持ちの水はあったが念のため補給する。 この水が夏場になると枯れないのであれば、テン場適地であるので、水の量を減らせばかなり歩けるので、このコースは大阪の出発時間を考慮すれば1泊2日で歩けるのではないか思う。
 この鞍部から野江股の頭には岩稜帯を直登の予定だったが、巻き道の案内があったのでこれに従うことにする。しかしこの巻き道も足場も悪く、相当回り道になっている。この間だけで1時間20分もかかってしまったが、直登すれば、もっと早かったのでは?それとも危険が待っていて、もっと時間がかかったのか、一度直登を試みてみたいものだ。
 ここから白倉山まではアップダウン続くが、順調に進む。ただ天気が良く気温が高くなって飲み水の使用量が増えてくる。当初飲料水は、4L持っていたが、だんだん心細くなる先の水場で補給していなければ、明日の飲み水は無くなっていたのでないかとギョツとする。
 白倉山で、ご夫婦に出会ったが本日出会ったのはこの2人のみであった。 白倉山から鞍部に下り本日最後の急登大熊谷の頭に上がるときは、ヘトヘトで足が重い、ザックは重い、喉は乾く、なんでこんなきついことをするのか、早くテン場に着いてビールを飲みたいがビールは無し。
 16時やっとテン場に到着、本日は休憩等を含めて9時間半の長丁場を重荷を負って歩いた。
 テント設営後、昨日と同様夕食と若干の宴会を行ったが、ビールがないのが何とも物足りない。 今回の山行は飲料水の量で総重量が重くなるのが分かっていたが、無理をしてでもビールを持って行くべきだったと深く反省した。 本日のテン場は、大きな木の間であったので、星も木の葉の間からチラチラしか見えない。しかし風が当たらず良いテン場であった。
 
5月5日5時前には起床、本日も天気は上々。 6時30分歩き始め40分で迷岳に到着ここからの眺めも抜群だ。 予定では飯盛山を通る尾根道であったが、水不足のおそれがあるので、難路ではあるが水補給可能な、布引谷コースを下りる。途中コースが途切れて分かりにくい所もあったがやっと谷川の水場に到着、思い切り飲んだ後ヒルは大丈夫だったか心配になったがもう遅い。まあいぃか
 本日は、1人しか出会わない。3連休でも2日間で3人しか出会わない山がまだ近畿にあるのかと驚く。
 蓮ダムの堰堤が見える地点まで帰り着き、ほっとする。ダムの下の広場に到着。ここでタクシーを呼び宮の谷登山口まで車を取りに行ったが、その間近くの川で、泳いだ人があったとか
 今回のコースは、地図上で点線か、または、全く登山道のマークが無いような所で先行者の付けたテープ等と地図を頼りと、水の心配と、ヒルの心配の山行であった。
 花は、木の花はそこそこあったが、いわゆる山野草の花は、ほとんど見られなかった。目が悪いのか時期が悪いのか。 が全員無事下山出来て ばんざい、ばんざい。
 スメールで温泉に入り、食事をする人、帰りの車が混むのではと、心配して早く帰った者(私)しかし、心配とは反対に南埜さんのアドバイスでカーナビの指示を無視して走ったらスイスイで2時間20分位で蛍池に帰り着いてしまった。
 計画を立てていただいた木村さんありがとうございました。