トップへ 山行報告INDEXへ
女性委員会

♪蛇谷満足山行♪ 

A班 市川 伸彌
日時:1月24日(土)6時30分 阪急蛍池集合
参加者:久保則子(CL)、多田数男、市尾元英、中嶋晴夫、佐野住江、清水文子、南埜智代(以上B班)新保行征、善積雅子、田中チサエ、藤井誠二、小川正光、赤木サナエ、橋本正子、妹尾公代、幡司ちさと、市川伸彌(以上A班) 計17名
コース:畑バス停8:45−ボボフダ峠行き登山口9:20−ボボフダ峠10:50−(蛇谷ケ峰・武奈岳分岐点)−蛇谷前山12:10−(昼食)−12:35−蛇谷ケ峰頂上13:00−朽木スキ−場14:10(ネット歩行4時間30分)


名前が名前だけに、鬼が出るか蛇が出るかと案じたのであるが、結果は申し分のない冬山
行となった。CL久保さんは、良いことばっかりだったので何も書くことないでしょうと
仰るのだが、レポ−タ−として何も書かない訳には行かない。されば良いことずくめのひ
とつひとつを思い返して見ることにする。
先ずさすが女性委員会、企画がまことによろしいのだ。蛇谷は比良山系でも最も雪深い山である。この日も登山口で既に10〜20cmの積雪、それが頂上付近では80cmばかりの深さであった。しかし10日ほど前の降雪で雪質はほどよく締まっていて、さほど難儀することなく雪山を楽しめたのである。お天気はその前々日今冬最高の寒気団が訪れて心配したのだが、麗らかとも言うべき穏やかな一日となった。労山会員、特にこの日の参加者の日頃からの精進の賜であろう。
バス停後ろの、なんとトイレットペ−パ−付きの簡易トイレで用を足して、須川の右岸の雪を踏みつつ林道に出てアイゼンを装着する。此処でB班のベテランは男性6人の先行を指示する。つまり男どもが後続のか弱き(??)女性達のために雪を踏み固めて、その足跡で安全確実な登攀路を作るというわけだ。このフェミニズムに期せずしてA班の女性軍から称賛の言葉が洩れる。雪は次第に深くなってくる。
蛇谷に近い前山で昼食を摂ることにした。こもごもに雪を踏みしめた上にシ−トを敷いてゆっくり弁当を開く。冬山でこんな寛いだ昼食とは!正に幸運そのものであった。なだらかな稜線を20分ばかり歩けばもう蛇谷ケ峰901.7mの頂上である。そこからは南に冠雪の武奈岳、北は牧野スキ−場から賎ケ岳、眼下に竹生島が見えて、遠く東に伊吹山が白い幻のように中空に浮かび出ている。東南に眼を転ずれば長命寺山から沖島まで見遥かせる。滋賀県の北半分が一望の下である。 “蛇谷来て 近江半分 吾がものに”
下りは随所で尻セ−ドしたり、全員が童心に帰ってはしゃぎまくる。愉しい時間はあっと言う間にすぎて、一時間強で朽木スキ−場に着いてしまった。朽木温泉「てんくう」に直行してゆっくりお湯にも浸れた。いつもながら新保会長のお蔭である。かくして全員は満足しきって18:00無事に蛍池駅に帰着したのであった。