トップへ 山行報告INDEXへ

大峰山
 柏木道〜阿弥陀が森〜ワンステ尾

B班  上原 文明

 

 03.6/ 7(土)上多古川右岸、駐車 10:00〜上谷登山口11:20〜上谷出合(峠)12:00/20〜伯母谷覗15:15/30〜小笹の宿(テン場)16:45
 
 大和上市駅より大台ケ原方面 上多古バス停横の上多古川右岸の道を約2キロ程入ったところに車を駐車。 上谷部落へのコンクリ道を歩くがしんどい、退屈である。 上谷部落に入り、柏木道の登山口を農作業中のおじさんに尋ねると、親切にも判りやすい所まで先導、案内してくれた。 お陰でロスすることなく登り口にとりつけた。 
 道は暗く味気ない杉の植林帯が続く。上谷分岐(峠)から尾根道となるが杉林は続く。これを抜けると自然林に変わりパーと明るくなり景色が一変する。 峠から稜線に入りしばらくすると雷鳴がとどろき、やがて雨がそぼ降る。が…、一本1本の木々の新緑がみずみずしく美しい。 
 伯母谷覗から見下ろす谷底の新緑、南西方向の重なる山々の眺めは圧巻である。 大峰山には、山上が岳の少し北に西覗岩という名所がある。テレビでもよく放映されるが、 行者さんが参拝者の体をロープでしばり絶壁の岩の上から体をせりださせて、その恐怖の前に改心を誓わせる、というあのシーン、あの場所である。 高度感なら西覗岩、展望は伯母谷覗に軍配である。 なにしろ、大峰山の最高峰、八経ヶ岳をはじめ奥駆道のピークが幾重にも重なる眺めは素晴らしく、ジットたたずんでも飽きない。
そして、伯母谷のぞきから阿弥陀が森〜小笹の宿にかけての樹林帯には厚く苔むし、折からの雨に濡れ、青々と、しっとりと森の美しさを最高に演出、表現している。 都会の生活でささくれ疲れた心を洗い癒してくれる。 これは、六甲や比良、鈴鹿などにはない大峰山ならではのムードである。        
 
雷鳴は約四時間、雨は約二時間で止んだ。小笹の宿周辺のキャンプ場の水はけ良くコンデション良好であった。

 6月8日(日)テン場6:15〜阿古の滝分岐6:35〜阿古の滝7:50/8:20〜上多古川右岸の駐車10:55
 
 足音で目が覚めた。テントのベンチレータから外を見ると、白装束の修験者が一人足取り軽く南へ向かった。 テン場周辺は道場がある。お天気悪く、登山者は少ないと思われたが、60人ほどのグループ,20人ほどのグループ、続々とやってくる。勇ましくほら貝を吹き鳴らし祈祷をして南へ行く。白装束が先頭に、続いて一般の服装を着た人達が10人ほど、そして白装束の人とサンドイッチ方式で隊列を組み進行してゆく。私達の公開ハイクの感じか?  山上が岳の方からも、ほら貝の音が風に乗り聞こえてくる。信仰の山、大峰山らしい光景を見せてもらった。
 
 ワンステ尾の上部ではシャクナゲが名残の花として目を楽しませてくれた。
この尾根は破線道である。数ヶ所ある危険箇所を慎重に下り、予定どおりの時間に無事車にたどり着いた。

(蛇足だが昭文社の地図「03年度版 山と高原地図大峰山脈」では柏木道の上部三分の一程が破線になっているが、歩いていてそれが何故なのか理解できなかった事を付記します。)