トップへ 山行報告INDEXへ

(歴史・古道ハイク) 巨勢の道から葛城古道へ

 
A班 市川 伸彌
日時:12月14日(日)8:00 近鉄あべの橋駅集合
参加者:市川(CL)、北村、塚本(順)、上口、田村(順)、田村(香)、伊藤、藤井、
高橋、幡司、田中(チ)、善積(雅)、橋本(正)、中村(和)、妹尾(以上A班)、山本、松田(以上一般)計17名
コ−ス:近鉄吉野口9:25−水泥古墳9:40−(栗坂峠)−(葛城坐御歳神社)−船宿寺11:25−(風の森)−高鴨神社12:00―(昼食)−12:30−高天彦神社13:15−(高天原)−(橋本院)−一言主神社14:45−六地蔵15:35−近鉄御所駅16:10
 晴女・晴男が勢揃いしたようである。このコ−スは金剛・葛城と大和三山の景観だけが取柄なのだが、またとない冬晴れに恵まれ総勢17名勇躍して出発する。先ずは地元の旧家、西尾氏のご好意で水泥古墳二基を見学させて頂く。蓮華紋の立派な家型石棺に嘆声が洩れる。古墳の一つはなんと西尾邸の庭の奥にあるのだ。これらは蘇我蝦夷、入鹿の塚と伝えられるが、どうやらそれよりやや古い豪族巨勢氏のものらしい。
西尾邸そのものが150年前の江戸時代の古色蒼然たる代物であるが、古墳時代の遺物には勝ち目がない。そこから巨勢の道を辿って栗坂峠に出ると、金剛・葛城の二山が目の前に開ける。冬の葛城山の後姿は冬枯れしてやや貧相であるが、金剛の山並みは美しい。
 葛城坐御歳神社は延喜式で従一位の大和で最も高位のお社であるが、さびれて往古の面影はない。せきれいの姿を見かけたり、寒桜が咲くのを眺めたりしながら船宿寺に着く。ここは関西花の寺22番でさつきの名所である。来春にはご夫婦で是非お出かけ下さい。風の森へ出ると一段と風光は明媚となる。初冠雪の大峰山連峰が遠望できたのには全員が感激した。
 高鴨神社で社務所のご許可を頂いて昼食。このお社は、葛城氏と共に3,4世紀の所謂葛城王朝を支えた鴨族の氏神で、京都の下加茂・上加茂大社の源流である。昼食後いよいよ天孫降臨の地へ向かう。ここからが葛城の道である。今日の行程で唯一の1300mのちょっとした登り(しんどかった人も居たようだが)を経て高天彦神社から高天原へ。そこには「史蹟」の表示と立派な公衆便所があるだけだった。橋本院からだらだらと山道を下って、それから長柄の、家並みが立派で如何にも由緒有りげな往還をひたすら歩く。
 一言主神社にようやく辿り着いて各自一言ずつ願掛けをする。狭い境内の樹齢1200年という乳銀杏の奇観には一同大いに感動させられた。
 ここからいよいよ葛城古道に入る。随所で大和三山(畝傍、耳成、天香具山)の景色を傾く冬陽の中に楽しみながら歩き続ける。遥か彼方は右に三峰山、左は鳥見山である。しみじみ日本国に生れた幸せを痛感する(大げさかな!)。田んぼの畦道なども歩いて六地蔵へ。ここで古道はお終い。終着の近鉄御所駅へはほぼ予定通りの4時10に帰着。当然全員無事である。ネット歩行時間5時間、距離約20kmの快適な道行であった。偶には古代日本の息吹に触れてしみじみ歩くのも悪くはないと、難波百番での北村氏肝煎りの反省会で鯖生酢に舌鼓を打ちながら思ったことではあった。