山行報告・近畿トップヘ

山行企画部山行「曽爾の古光山―こごやま―

                                                 A班 久保田 明
日程 2011年10月23日(日)
経路 曽爾高原バス停10:30~長尾峠11:20~後古光山(昼食)12:10-12:40~
   古光山13:40~南峰~大峠14:50~曽爾役場前バス停15:45
参加 久保田CL、碇SL、泉堯、上村、上口、高木、野坂、原、藤田富、南埜、
   村瀬、森野、吉村  13名

紀行
変わりやすいは、秋の空・・・。この頃週末になると雨が降る。今週の週間予報も土曜から雨、やきもきしながら雨雲レーダーと毎日にらめっこしていたら前日になって雲が切れるのが見えた。気象庁予報も“くもり 降水10%~20%”になって、やれやれである。

古光山は、とても遠くて乗物の不便な所です。コースには三つのピークがあり、高度差は大きくないが、各々急登り急降りが続く峻険な山である。曽爾村観光HPハイキング案内では、最もきつい上級コースで「ぬるべの山*1巡り」となっている。帰りのバスは、16:09だけである。曽爾バス停10:30出発で歩行4時間休憩1時間余りの計画を、ほぼ予定通りで進行できた。

はじめにお亀池によってススキ原(曽爾茅戸、ソニカヤト)で今年の秋を味わってもらう積もりだったが、最短路を見つけられず申し訳ないことをした。直接長尾峠から登山路へ入る。よく整備された木の階段急登を数度越えて「後古光山」で昼食。お天気もまずまずである。後古光山から急降りでフカタワ鞍部に降り、急登りで「古光山」頂上に着く。この間は、ロープと木の根を掴んでの難所である。お目当ての古光山で三角点にタッチ、住塚山、天然記念物の兜岳と鎧岳、二本ボソと倶留尊山、尼ガ岳と大洞山(おおぼらやま)、高見山等を同定する。ここから南方遠くが台高山脈、南西が大峰山系になる。次は、古光山を一峰とし南峰を五峰とする両側が切れ落ちたヤセ尾根の岩稜である。慎重に通過して「南峰」から最後の急降り50分で大峠に至る。このコースは、アップダウンの連続で、13人で歩くと休憩5分が全員揃うのに5分近くかかり、大峠の林道に出た所で想定時刻を30分超過していた。残りの舗装林道1時間を少し早足で曽爾役場前バス停へ。日曜にもかかわらず役場の洗面所を使わせてもらい、さっぱりして“事故無し”をたたえ、ささやかな乾杯*2をして、三重交バスで名張へ。

*1 ぬるべの山 伝説 Legend
古光山は、“ぬるべ山”とも呼ばれる。曽爾村役場手前で渡った橋は、漆部橋(ぬるべばし)となっていた・・・。
※ 曽爾は「漆部または塗部の郷(ぬるべのさと)」と呼ばれています。昔、日本武尊(やまとたけるのみこと)が曽爾を訪れ、狩りの途中、矢の先に漆(うるし)の樹液を塗り、弓を引くと獲物をたくさんとることができました。また、手についた黒い樹液を品物に塗ると光沢がでて美しく染まった。そこでこの地に「漆部の造(ぬるべのみやつこ)」を置き、日本で最初の「漆塗り」技術の基礎を造ったとされています。これが命名の由来です。(国立曽爾青少年の家HPより)

*2 乾杯 挿話 Episode
曽爾役場バス停前で乾杯すべく酒屋を探したが、周りに商店は一軒もない。傍の散髪屋さんが閉めつつあったので尋ねると大分遠い所にあるとの事。バスまでには間に合いそうもないのでガッカリしていると、ご主人が車で連れて行ってあげようと言われ大喜び。村はずれの酒屋さんで冷えた缶ビルを数だけ仕入れて、皆で祝杯をあげる。曽爾村の親切な散髪屋さんと休日出勤の丁寧な村職員さんに“非常感謝”した次第です。