山行報告・近畿トップヘ

A班月例山行 「湖南・金勝アルプス 鶏冠山(とさかやま)

                                                      A班 久保田 明

日程  2011年4月24日(日)
経路 上桐生バス停9:40〜上桐生営林署9:45〜落ガ滝10:10〜北峰縦走路出合11:40〜
     鶏冠山490.9m11:15〜北峰縦走路出合11:40〜天狗岩(昼食)12:20-13:00〜
     耳岩13:15〜(水晶谷)〜オランダ堰堤14:25〜上桐生バス停14:40
参加 浅居、碇、池田
、泉 泉、植木、上村、岡田、小川、川戸CL、川津、神田
    久保田、高橋、藤田
、藤原、箕林、向谷、森野、吉田、吉田、山田(B班) 22名

紀行
 今月の例会は、湖南の金勝(こんぜ)アルプスである。金勝アルプスには、四つの山峰が連なっており、その内の鶏冠山、白石峰、竜王山に登り狛坂磨崖仏を拝む予定であった。当日の現地予報は、曇りで夕方に一時雨となっていた。出発地点の広場で碇会員が首や手や足をしっかり延ばす体操を丁寧に指導して下さった。薄日の射す中、落ガ滝線を進み、先ずは滝見物となる。前日の雨で水量もあり垂直の花崗岩を落ちる小さな滝は清々しい。小川山男さんをモデルに写真撮影。この山系には、九品ノ滝もあるそうで、九品(くぼん)とは仏教で九つの階位を表す、その滝が最高位の上品上生なら何時か見に行かねばなるまい。熊野奥駆道「釈迦ガ岳」頂上のお釈迦様にも九品・・・の文字があった。この山道は、六甲と同じような花崗岩のザラザラした砂地でドロンコにならなくて助かる。所々にミツバツツジがあり、蕾半分花半分で、露を含んだ薄い紅紫色の花に見惚れる。ミツバツツジは雄しべが五本、これはコバノミツバツツジで十本である。今日は、おニューの一眼レフデジカメを持参、クローズアップモードで写した花弁を子細に観察すると十本あった。コバは小葉で葉が小さいからとのこと、ネットを使うといろいろ知識が増えます。コバノミツバツツジ撮影に夢中で皆から5分以上遅れてしまい駆け足で追いつく。

北峰縦走線への分岐に出合い、北向きに鶏冠山を目指す。鶏冠は、「とさか」と読むのが普通で、「けいかん」と読む場合は稀である。国語辞典にしろ、日本語変換にしろ、「とさか」であり、山渓ガイドブックでも「とさかやま」になっている。この北峰縦走線は黒っぽい土道で、草や灌木が雑多に生えていて綺麗でない。最初の頂きの鶏冠山頂上で三角点に手を乗せる、個人が作ったのであろう立派な山名標識の前で山女さんお二人に並んで貰ってパチリ、モデル良し、カメラも良し(スミマセン!)で佳作一枚を得る。

北峰縦走線を出合に戻って天狗岩へ向かう、砂、石、岩のゴミが全く落ちていない山道を気持ちよく縦走。これが今日のお目当ての一つで左右の景色を楽しむ。奇岩「天狗岩」に登り、岩頭で記念の集合写真を撮る。CLの案内良くて、予定時刻に昼食を摂る。

この頃から雲行きが怪しくなり、午後の部開始で強風雷雨になる。CLの判断で白石峰、竜王山、狛坂磨崖仏を中止して、耳岩から水晶谷線を下ることになった。下降30分位は、寒冷前線の通過で冷たく厳しい下山になった。線名の通りずっと谷筋下りで、足の届かない段差では両腕を石壁に水平に押し当てて確保する場面もあった。この経路は、地形図に徒歩道が出ていない難路である。

狛坂磨崖仏から続く南谷林道出合に出て、工事が中々捗らない新名神高速道路(仮称は、第二名神高速道路であった)の下をくぐり、さかさ観音に手を合わせ、オランダ堰堤*1を経て上桐生バス停へ無事に下山を完了。当初予定より1時間余り早く終着となった。

*1 オランダ堰堤について
 今迄に3回歩いたが、オランダ堰堤を見過ごしていて初めての発見になった。説明板にオランダの土木技師ヨハネス・デ・レーケの名を見つけてびっくり。川傍の彼の胸像に感動。我が愛する天然記念物イタセンパラ(タナゴの一種)の生息する淀川ワンド(湾土)が出来たのは、このデ・レーケのお蔭である。明治の頃、天満と伏見間の淀川舟運を安定させるために水制杭(ケレップ)を多数両岸から張り出した。これで水流と水量が確保されて淀川(澱川)は円滑な舟運水路になった。その後、年を経て、この水制杭を取り囲むように上流からの土砂が堆積してワンド゙(池)になった。このワンドは、本流からの水が砂地で濾過されて出入りするので透き通り、藻が茂って魚達の絶好の棲み家になった。淀川水系の50魚種の70%は、ワンド等の静水域に棲んでいる。

私事で恐縮ですが、朝日新聞社が制作発売した『未来に残したい 日本の自然100選』DVDビデオ全六巻の『淀川ワンド群(大阪府)』に“へら鮒釣り師”で主演して、可愛い共演者に7分間トクトクと話して聞かせました。DVDビデオは、最も嬉しい宝物でございます。
         《我がHPで紹介しています。閲覧いただければ幸いです!!》 こちらからどうぞ 



    左のビデオカメラをクリックすれば、山行フォト ムービーを上映します。BGMあり