トップへ  山行報告INDEXへ
 

歴史ハイク −高野町石道・高野三山

  
A班 市川 伸彌
                  

日時 :10月2日(土)〜 3日(日) 

参加者 (18名)

(1班)塚本、幡司、降籏(光)、泉(尭、富)、橋本(正)、野村、高橋(洋)、市川、南埜 (3日高野三山のみ参加)

(2班)北村、番場、豊島、御旅屋(晴)、森野、上口、川津、岩崎 (一般)

コ−ス

(初日)南海九度山駅 8:40 −丹生官省符神社(体操) 9:20 −六本峠 11:10−11:45二つ 鳥居(昼食) 12:15−13:50 矢立 14:10 :−袈裟掛石 −16:05 大門 16:35 −密厳院 17:05 (宿泊) 行程24km(ネット歩行約6時間20分)

(2日目)密厳院 7:40 −高野山奥の院 8:15 −登山口 8:40− 摩尼山(1004m) 9:05 − 9:45 楊柳山(1008.5m) 10:10 −転軸山(910m) 10:50 −警察前 12:00

行程12 km (ネット歩行約3時間40分)

(10月2日)

世界遺産の歴史ハイク、勇んで7時前に集合場所(のつもり)に到着し、切符売り場で週末回数券を買おうとしたら、「近鉄に九度山駅はありまへん、南海と違いまっか?」。何とここは近鉄阿部野橋駅だった! 遂に私も呆け始めたか! 冷汗を三斗以上かいて、大慌てで地下鉄難波駅まで引き返す。何とか参加メンバ−にご迷惑を掛けずに、予定通りの電車に乗って、九度山駅まで約1時間。お天気は今にも泣き出しそうである。

真田庵をスキップし、女人高野の慈尊院でトイレ休憩。丹生官省神社で体操をしていよいよ高野町石道180丁に足を踏み出す。因みに1丁は109mなので、全長20kmの長丁場である。紀ノ川を右に見ながら雨引山まで約1時間半しっかり登る。小雨が降りだし傘を拡げるが、風はなく気温も適度である。途中で「ホトトギス」の素晴らしい群生を見つける。

“高野往く 善男善女に ホトトギス”

六本杉峠辺りからは山道の両側に苔むした古木が立ち並び、いよいよ高野道の風情となる。天気予報が良くなかったせいか、シーズンにも拘わらず行き交う人は少ない。雨霧に霞む正に横山大観の日本画の世界を、ゆっくりたっぷり楽しみながら歩を進める。

“杉か槇か 霧は高野へ 流れゆく”

 二つ鳥居で昼食。此処からまた標高700m台の木立を縫ってアップダウンの少ない古道を淡々と歩く。道辺には立浪草や見返り草が咲き乱れていて快い散策である。あっと言う間に(といっても1時間半ばかりで)矢立へ下ってバス道路を横断する。

さて此処が59丁で残りは三分の一を切っているのだが、それから大門までの再度の登りがハンパではないのだ。歩けども歩けども高野山は見えない。空海(弘法大師)はよくもこんな山奥に真言密教の道場を開いたものだと、いささかうんざりしながら、やっと2時間かけて4時過ぎに大門に辿り着く。雨はすっかり上がっている。一休みしてから、また小半時間歩いて今夜の宿坊「密厳院」に到着。直ぐに風呂に飛び込む。宿坊の夕食は当然ながら「精進料理」。それがなかなかのお味で、ビ−ル・お酒の注文も自由。どうやら皆さんすっかりご満悦の風情であった。二次会はなし。4、5人一部屋でゆったり安眠(なにしろ高野の夜は静かである)。

(10月3日)

朝6時からの勤行に「鰯の頭も信心」組の有志が謹んで参加。(何人来たかなぁ?)全く心洗われる思いで、正座の苦しみも忘れた半時間であった。されば、精進の朝飯の味も格別である。

 7時40分宿坊出発。高野山奥の院から林道を経て、摩尼山の急坂を登る。雨は止んでいるが、眺望はほとんどない。昨日の長丁場と精進料理の夕食・朝食の割りには全員元気で、楊柳山もなんなくこなして転軸山へ向かう。この道が上高地か奥入瀬かと思わせるような、谷川沿いの素晴らしい散策路である。「女人道」と称して、昔表参道を通れなかった女性たちが辿った道だけに風情に富んでいる。午前中で三山を廻り終わって、山上の食堂で中締め。空海の偉業を想いを馳せつつ、ケ−ブルで高野の町を後にした。此処へはまた何度か、心を洗いに来ることであろう。

  “無信者も 秋は来るべし 高野山”