トップへ 山行報告INDEXへ
 

花歩きシリーズ 「愛宕山のクリンソウ」

A班 中池礼子

日時  5月1日(日)8:30嵐山駅集合

参加者 今西( CL )金本、中池、東、藤本、森野、籔、吉原、米尾、鶴田(一般)

コース 嵐山8: 35 →清滝 9 : 30/9:40 →空也滝 10 : 05 →首無地蔵 11 : 30 (クリンソウの群生地へ往復)→愛宕山 12 : 30/13 : 30 →清滝バス停 15 : 45

自己紹介をして、駅前で体操。「歩きに来たのだから歩きましょう。」とリーダーの大きな声に、思わず全員で「ハイ!朝はみんな元気がいい。

桂川沿いに小倉山公園に入り、山裾を歩く。八重桜、ボタン、シャクヤク、小倉池や道々の木には藤が絡まって紫色、もみじの赤い花もユラユラかわいい。落柿舎の辺りも人もなく、朝の静かな嵯峨野はなんだかお得な気分。

仏野に来るとシャガが石仏様を抱くようにたくさん咲いていた。

 昨日、大阪は 31 ℃、今日は 25 ℃雨の予報で汗を拭き拭き試峠。でも、目も口も退屈しないので清滝トンネルから清滝、空也滝へと足は快調、というか CL の快調につられてというのが本音かな。この蒸し暑さではと自販機で水を追加した。

ここから舗装の林道を経て、梨木谷を徐々に斜度を稼ぎながら詰めて、堂承川が尽きた辺りからの急登で首無地蔵に着く。伐採のための林道ができて明るくなったが、赤土が剥きでてなんとも無粋、自然破壊された感じだ。途中、想定内の小雨が降り出した。

合羽をという程でもないが五月雨じゃとて濡れる訳にはいかぬと雨対策。

いよいよ、お楽しみのクリンソウ。あった、あった、木島さんに噂を聞いて憧れ続けること2年目のご対面。クリンソウの勢いのいい若草色が森に映えている。でも花は数輪のみでまだ蕾固し、ああ残念。「また、会いに来るからね。」

 雨も降っているし、そのまま山頂を目指す。ツツジの大きなトンネル、チゴユリ、オオカメノキ、シハイスミレ、ハタサオと、今日は講師付きの贅沢山行。

山頂の小屋は多くの人が昼食中で、私達は靴を脱いで真ん中に輪になった。

表参道を下山中、ハイカーが意識をなくして倒れていた。すでに救急隊も来て、心臓マッサージするのを仲間たちが心配そうに見守っている。下山中も搬送の為か京都消防署の人が多勢登って行ったが、登山には慣れないのかしんどそうな隊員もいた。このこともあり、少ししんみりした私たちはいつもよりゆっくり歩いて、樹木の若葉を心ゆくまで楽しんだ。川辺のもみじの美しさに感嘆しながら、清滝に着くとバスが待っていた。今日はよく汗をかいたので喉が渇いた。しかし、渇いたままでは体によくないので、嵐山駅前で少〜し潤してから電車に乗った。