トップへ 山行INDEXへ

三峰山から高見山

                           B班 太田輝男

山行日  5月3日夜()〜6日()

参加者  太田 上原 岸上 赤木 青山

コース  1日目 JR鶴橋近鉄改札口 近鉄名張 タクシー奥宇陀青少年旅行村

           (20:20)          (21:40)        (10:50 テント泊)

2日目 テン場発〜 避難小屋〜 三峰山〜 白髪峠〜 水無野山〜 大滝山

    (6:40)      (8:35)    (9:20) (11:4012:20) (13:20)   (13:55)

奥船山〜 請取峠〜 テン場(テント泊)

(14:20)  (15:00)   (15:10)

     3日目 テン場発〜 蛇谷山〜 村営バス停〜 タクシー榛原〜 近鉄鶴橋

                   (8:00)     (8:35)     (9:45)   (11:0012:00)  (13:00)

感想

  鶴橋駅地下で待っていた岸上さんと近鉄ホームでやっと出会って少し遅れて

出発する。榛原で下車してタクシーに乗ろうと交渉すると、ここには5人乗りが

ないという。下調べ不十分でゴメン。すぐさま名張に向かう。

やっとのことでタクシーに乗ったが運転手が土地不慣れでモタモタ。地元の

タクシーを予約すべきだった。またもや反省。

そんなこんなでテン場に着いたのは11時。途中の自販機で買ったビールを飲み

夜空を眺めて、そして政治談義(ここでは不似合い?)をしてテントに潜る。

翌日は晴天に恵まれ若干迷いながらも、予定通り請取峠に無事到着する。

要するにあまり歩かない道は尾根通しに忠実に歩くにつきる

ただ、この直登、直下降は一般の登山道ではないので、少し野生に帰ったアドベ

ンチャーの雰囲気が味わえ、登山の原点を垣間見ることができる。

1/2500地図を頼りに、コースもコースタイムも自らが決める。良いではないか。

テン場は調査通りに水場も近く最高。しかし台高の明神平、鈴鹿の「鹿の平」に

はかなわぬ。翌日はかなりの雨、直登の泥まみれ・カッパの中のグショ濡れを

嫌って、高見山直下にも来たし、およその雰囲気も判った。いざぎよく撤退。

 

パソコンと登山

パソコンを操る青白いヤツ、四角四面の仏頂面、言い出したら聞かない非妥協性。

   一昔前はそうだったかな。10年前程からハードとかソフトとか言う営業マンが増

え、パソコンも親しみやすくなりました。

  今や無償のソフト家さん(フリーウエア)も数多く出現し、「カシミール」「山おたく」など

もその一つです。方やGPSを駆使して山岳トレッキングの軌跡を楽しむ人も増え

ました。山岳遭難直前の人にとって自分の所在地が人工衛星によって明確になる。

これほど心強いことはない。

上の山行のコースタイムもガイドブックが無いため、パソコンで作成しました。

計画通りに踏破できて自信を深め、これからの山行に生かしていきたいと思って

いるこの頃です。色黒い野性的なパソコンライフを目指します。