トップへ 山行報告INDEXへ

三峰山霧氷ハイク

A班 市川伸彌
         

1. 日時:2月9日(日)近鉄鶴橋駅8:00集合                                                                     
2. 参加者:善積寛明(GL)、善積雅子、泉 尭、泉富美子、池田純子、田中チサエ、
      藤原和子、市川伸彌
3. コ−ス:近鉄鶴橋8:18‐9:05榛原9:30‐バス−10:25みつえ青少年旅行村10:40−
        登山口11:00−山頂12:55(昼食)13:30−避難小屋13:40−不動滝
        14:25−みつえ青少年旅行村15:15
 当日お昼までとの予報だった雨は朝には既にあがっていた。勇躍鶴橋駅に着くとリーダーの善積さんが浮かない顔をしている。聞けば前日に大量9人のドタキャンがあり、17人の参加予定が8人になってしまった由。人格者の善積さんはお名前こそ明かされなかったが、折角のリーダーの事前のお骨折りに対していかにも失礼ではないかと一同憤慨する。乗車した宇治山田行きの急行は殆ど満員で座れず。それが榛原で殆ど下車して、三峰山と高見山の二つのコースに分かれるのである。(お目当ては勿論樹氷である)
 それにしてもこの日は4月上旬の陽気で関西地方の予想最高気温は15−6度。霧氷は夢氷だろうと覚悟はして出発したが、登山口から15分も歩いただけでまるで真夏並みの大汗をかき大急ぎで衣装調整。それにしてもカイロまで持ってきた人が2人も居られたとは! 道は前夜の雨と先行ハイカー何百人かの靴跡で、藤原さんが「いかすみリゾット」といみじくも表現された泥濘。その中を流石労山健脚団、汗をも厭わず次々と先行者を追い抜いてゆく。時折立ち止まると吉野杉を吹き抜ける風が何よりのご馳走である。
 ところが小一時間も歩くと急に泥道が雪道に変わる。今日は無用の長物かと思ったアイゼンを慌てて装着せねばならない。坂道の雪の中で泥だらけの靴にアイゼンを取り付けるのはいささか厄介である。「昨日チャンと練習してきたのに」という声が他からも聞こえてきて少しほっとする。そのままもう1時間頑張って一挙に山頂を目指す。流石に標高1239m、寒い! ガスっていて眺望は全くきかないのに風が吹き荒れている。八丁平まで下ったが寒風を避ける所もない。また少し戻って、ぶなの枯木林の中の雪原にシートを広げて昼食にする。これが大正解。時折日が差す穏やかさの中で、数日前までは確実に存在したはずの樹氷を心眼で見据えながら、ゆっくり昼食を楽しむことができた。
 帰りは往路の「登り尾登山道」とは違うオプションコースを不動滝まで55分で一気に下る。バスの時間に早すぎるので、ゆっくり滝を観賞する。滝壷の傍らの大きな氷柱が轟音とともに落下した。さながら今年の冬への訣別の辞である。ぶらぶら旅行村まで下ると、そこはまったくの春であった。萌え出づる緑が目に優しい。結局今日は一日で春、夏、冬を経験することができた。アキ(秋)ない山のようである。来年またぜひ来ねばならない。此処で地酒「霧氷」にやっとお目にかかれた。その熱燗はまことに美味であったが、残念乍ら今年は湯豆腐の試食はなかった。(因みに広辞苑によると樹氷は霧氷の一種である)