山行INDEXへ戻る

室生古道を歩きました

善積 寛明

4月14日(日)  晴れ

 参加者 A班:市川・岩崎・北村・紀野・沢村・鈴木・塚本夫妻・手島夫妻・蛭田・藤村・善積夫妻

     B班:藤村・森岡

     C班:小見山

     O B:水田                                                                         以上18名

 コースタイム :8時55分近鉄青山町行き急行に乗車。9時46分榛原駅下車。10:15奈良交通バス→1030高井下車。10:40出発→11:0020仏隆寺→12:0030唐戸峠・昼食→13351425室生寺見学→150715門森峠→16:1025大野寺:門前から見学→16:35室生口大野→17:17近鉄乗車→18:15鶴橋駅着

 お天気に恵まれました。全体を通じて快調に歩きました。老若男女、ABC班入り混じっての山行で、平均年齢の高い割には早いペースでした。15.5Km程の丘陵有り、峠あり、階段ありの実に変化に飛んだ道です。樹齢900年と言われる桜が仏隆寺への古びた階段の途中で出迎えてくれました。惜しいかな既に葉桜となっていましたがさすが室生寺の南門にあたる仏隆寺の前衛として900年のあいだ立ち続け、咲き続いて寺を守ってきた堂々たる重みがあります。仏隆寺から山中に入り唐戸峠から室生寺へいたる古道は薄暗いほどの杉木立が続く。腰痛にご利益があると言われる腰折地蔵で「ご利益がありますように」と祈りました。室生川に架かる朱塗りの太鼓橋を渡り室生寺の表門に到着し水をのんで一休みしました。入山料500円(昨年までの資料では400円)を支払って五重塔を拝観した。平成10年の台風で大きな損傷を受けたが今はほとんど修復されており、つつましくそっと立っているその姿は女人高野と言われるに相応しい典雅なものである。境内の桜は既に散っていたが、石楠花がその大きな花を誇らしげに咲かせていた。門前の参道で名物よもぎ団子を食べた。大変うまかった。この伝でいくとよもぎアイスクリームもさぞかしうまいものと思ったが、こちらはそれほどでもなかった。大野寺までの石を敷き詰めた古道は静かでいかにも古いという雰囲気が伝わってくる。苔むした石畳を踏みしめ、長い古道を下って宇陀川にでた。弥勒磨崖仏が目に入ってきた。川幅の広い宇陀川の対岸に立っているのではっきりとは分からないが彫刻された如来像は見事なものであると思う。磨崖仏のこちら側に建つ大野寺は1200年以上前に建立された古刹で、境内の枝垂れ柳は既に盛りは過ぎていたがまだ半分くらいは花が残っていた。門前からその流麗な花模様を見せていただいた。                      以 上