トップへ 山行報告のページへ戻る

         妙見山播磨富士700m   02 3/20

参加者:新保、池田、井芹、川嵜、北村、竹下真、塚本、塚本、津田戸田(C班) 中西、幡司、服部、廣岡、藪、山本、田村

田村  一般:井上、工藤、久保則子      計 21名

行程 :蛍池 →  東山古墳群P→登山口10:30→展望所11:45→頂上12:10→展望所・昼食12:20〜13:20→登山口14:30 → やしろ夢園温泉 蛍池16:15

 
 四月から入会したものの、会のイメージが具体的に掴めなくって、勇気をだして参加した。総勢21人、100回を越える平日ハイクのうちでもこれだけの参加者は数回ということだ。

 妙見富士は播磨と丹波の境に位置し、山麓には東山古墳群があり、古墳の整備(公園化)が行われていた。コースは往復3時間ほどで、あまり山の姿をかえることのないように登山道がついているため、ずっと急登がつづいた。当日は早春にもかかわらずかなり暑く、案内書に書いてあるとおり吹き上げてくる風に歓声があがった。眼下に広がる田園風景で急登をまぎらわす内にお昼ごはんの展望所に到着。リュックを置いて頂上まで往復

30分。頂上から西に千ケ峰、三国山、笹ケ峰、傘形山の眺望が抜群で、すでに登った山々の名があがっていた。

今回のメニューはフカヒレスープ。それにお餅がどっさりで、手際よく準備され、このハイクはこれが主役と理解した。

下山後のお楽しみは温泉。これも準主役らしい。今回は入浴料1000円と高い。八千代町の由緒ありそうな温泉宿に着いて、それでも交渉すると700円になった。全員満足して露天風呂も楽しんだ。

今回のハイクは私にとって会になじむよい機会となったが、終始ボンヤリとしていて計画を把握していなかったことを反省した。みなさんの雰囲気に圧倒されたのかもしれない。次回も参加する予定で、しっかりと楽しもうと思っている。

                      久 保 則 子